オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

大企業でパタハラ疑い事案続く…男性に「育休」を取らせたくないのが、企業のホンネ?

もし、自分がパタハラを受けたなら…

Q.育休取得後の男性社員にパタハラをすると、企業イメージもダウンすると思います。それでも企業は、なぜパタハラをするのですか。

木村さん「『夫は仕事、育児は妻が行うもの』という固定観念を持っている経営者や上司が多いことがあると思います。特に、子育て経験がなく、仕事にまい進してきた世代にこの傾向が見られ、育児に参加したいという男性の気持ちが理解できないため、パタハラとなる言動を行うと考えられます。

また、男性の育児参加に対して企業側のバックアップ体制が不十分な点も指摘されます。一般的に、父親となる男性は働き盛りの世代でもあるため、企業としては育児参加のために労働力が低下することをよしとしない傾向があること、育休のような育児支援の申し出があった場合の対策をあらかじめ策定していないこと、などがあるでしょう」

Q.パタハラを受けた男性社員は、どのように対応したらよいでしょうか。社内の相談窓口に言っても解決できないのでしょうか。

木村さん「パタハラを受けた場合、まずは、会社に相談することをお勧めします。社内にハラスメントに関する相談窓口がありますので、担当者に現状を伝えます。相談時のコツは、経緯について時系列で説明することです。文章化するとなおよいです。

パタハラを受けたメールや録音などの証拠があれば残しておき、一緒に提出します。相談を受けた後、企業は実態調査を行う義務があります。被害者だけではなく、加害者や場合によっては関係部署の他の社員からも事情を聴いて勘案するため、被害者の希望通りの解決になるかはケース・バイ・ケースですが、再発防止のための手段は講じられるでしょう。また、あってはならないことですが、会社側に取り合ってもらえない場合は第三者機関(弁護士やパタハラ防止支援も行うNPO法人など)へ相談するのも一つの方法です」

Q.育児休業を取得する男性社員は、取得前から逆算して、いつごろからどのような準備をしたらよいですか。

木村さん「まず、出産予定日が判明した時点で上司や他のメンバーに育休を取得することを申し出ます。その後の準備内容は次のようになります。ポイントは仕事面と手続き面です」

【仕事面】

・これまで自分が担当している業務は、他の従業員が引き継ぐことになります。その準備として、業務の洗い出しを行い、一覧表を作成するなどして「見える化」するようにします。その結果、業務の引継ぎがスムーズになります。

・引継ぎ者が困ることのないように仕事の整理をしておくことです。無駄な作業は減らしたり、自分しか分からない、他には任せられない案件を抱えていたりする場合は、平準化していく必要があります。

【手続き面】

・育休の取得や職場復帰に係る必要書類の種類や提出期限等、手続きについて総務などの社内担当者に確認します。本来、時期が来れば会社側より事前説明がありますが、特に中小企業の場合、今まで育休の取得者がいないなど、担当者が育休制度に関する手続き方法を知らない場合も多いので、事前に話しておいた方がよいでしょう。

(オトナンサー編集部)

1 2

木村政美(きむら・まさみ)

行政書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー

1963年生まれ。専門学校卒業後、旅行会社、セミナー運営会社、生命保険会社営業職などを経て、2004年に「きむらオフィス」開業。近年は特にコンサルティング、講師、執筆活動に力を入れており、講師実績は延べ700件以上(2019年現在)。演題は労務管理全般、「士業のための講師術」など。きむらオフィス(http://kimura-office.p-kit.com/)。

コメント