オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

渋川清彦、犬との共演楽しかった「表情がかわいくて忠実」

映画「柴公園」主演の渋川清彦さんに単独インタビュー。犬との共演で印象に残っていることやハプニングなどを聞きました。

渋川清彦さん
渋川清彦さん

 映画「柴公園」で主演を務めた渋川清彦さん。同作は、柴犬を飼っているという共通点を持つ、あたるパパ(渋川さん)、じっちゃんパパ(大西信満さん)、さちこパパ(ドロンズ石本さん)は素性を深く詮索せず、適度な距離でつながっていましたが、あたるパパに恋の予感が到来して物語が動き出し…というストーリーです。

 オトナンサー編集部では、渋川さんに単独インタビューを実施。犬との共演で印象に残っていることやハプニング、今回の挑戦などを聞きました。

“おやつ”で言うことを聞かせた

Q.ドラマ版と映画版の切り替えは簡単にできましたか。

渋川さん(以下敬称略)「ドラマと映画を同時に撮影し、ドラマの途中で映画、またドラマに戻りました。だから、そこは意識せず、一本の映画を撮っている感じでした」

Q.犬との共演はいかがでしたか。

渋川「ZOOプロのトレーナーの方たちに教えてもらいながら、初めて犬をしつけるようなことをしました。おやつで言うことを聞かせることから始め、おやつで言うことを聞くようになりました。待っている時の表情もかわいくて忠実なので楽しかったです」

Q.犬との撮影で印象に残っていることは。

渋川「犬同士にも相性があり、この子とこの子はいいけど、こっちはダメみたいなことがありました。犬はあたる、さちこ、じっちゃん、一郎の4匹で、あたるは誰とでも仲良くなるんですが、さちことじっちゃんはあまり絡まないというか、でも、あたるは2匹とは大丈夫だけど、一郎がしつこくすると怒り、一郎とじっちゃんはずっと遊んでいました。犬同士でも年功序列があって面白かったです」

Q.あたるパパを演じてどんなことを感じましたか。

渋川「この作品をやってみて、都会で犬を飼っている人たちの、都会ならではの話だなと思いました。犬を飼っている人同士、公園に行ったりはするみたいですが、お互い名前も知らない、仕事も知らない、みたいなことは本当にあるみたいです」

Q.大西信満さん、ドロンズ石本さんとの共演はいかがでしたか。

渋川「大西はよく知っているので、彼の良さが出たなと思いました。石本さんはあのままの人で明るく、壁も作らない人でした。それぞれキャラクターが出たと思いました」

Q.現場ではどんなことを話しましたか。

渋川「セリフ合わせですね。セリフが入っていない状態で現場に入ったので、セリフが多くて苦労しました。着いたらセリフを確認して合わせていました。セリフの量が多いので皆余裕がなかったんじゃないですか。セリフを入れずに現場に行くのは初めてでした」

Q.犬の現場でハプニングは。

渋川「ハプニングが起きることが前提みたいなところはあります。撮りたい画(え)を撮れなかったり、こっちを向いてほしいのに向いてくれなかったり。いかに犬に合わせていくかでした。散歩しながら立ち話をするシーンで犬が写っていない時、リードを持っているんですが、リードの先に犬がいたり、いなかったりします。犬が言うことを聞かなかったりすると、リードから外していました。毎日ハプニングですよね(笑)」

Q.犬を飼われた経験があるそうですね。

渋川「実家に飼っていました。帰ればいましたね。世話したのも両親です。散歩した時、道路の排水溝を避けていたことを覚えています。あたるもそうでした。犬全般が怖いのかな」

Q.本作での挑戦は何でしょうか。

渋川「セリフが入らないまま現場に入ったことです(笑)初めての挑戦で、一番の挑戦でした。あとは、あたるとどれだけ仲良くなれるかというのはありました」

 映画「柴公園」は6月14日から全国公開。

(オトナンサー編集部)

コメント