オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

なぜか“狭い所”をくぐるのが好きな愛犬描く漫画 コードの下を…「かわいい」「分かる」

愛犬の特有の行動を描いた漫画が話題に。なぜか、狭い所をくぐるのが好きな愛犬の「あーちゃん」は…。

漫画のカット=餅付きなこ(kinakomochitsuki)さん提供
漫画のカット=餅付きなこ(kinakomochitsuki)さん提供

 愛犬の特有の行動を描いた漫画がSNS上で話題となっています。なぜか、狭い所をくぐるのが好きな愛犬の「あーちゃん」。スマホを充電するために差し込んだコードと、テーブルの間の隙間をくぐろうとして…という内容で「分かる」「かわいい」「わんにゃんあるある」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

キッチンで料理中にものすごい音が…

 この漫画を描いたのは、餅付きなこ(ペンネーム)さんです。漫画家として活躍しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

餅付きなこさん「2015年から漫画を自分のブログで公開し始めました。犬と猫を飼い始めたこととデジタルで漫画を描く環境が整ったことで、絵を描くのが面白くて当時は夢中で描いていました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。 

餅付きなこさん「キッチンで料理をしていたら、ものすごい音を立てて愛犬のアーティが近づいてくるのが聞こえました。ニコニコ顔でうれしそうに私のところに来たのですが、スマホがどうなったか気が気でなくて…そのギャップがおかしくて漫画にしました」

Q.アーティはこの時、スマホが引っかかっていることは分かっていたのでしょうか。

餅付きなこさん「全然分かっていないと思います。私がキッチンにいたので何かもらえるんじゃないかと、ウキウキで来たのではないかと思います。かわいいです」

Q.過去にも、こうした出来事はあったのですか。

餅付きなこさん「大型犬なので、ちょっとしたことで大惨事になることは度々ありますが、スマホをボコボコにしたのはこれが初めてでしたね」

Q.この他、どんな狭い所を通ったことがあるのでしょうか。

餅付きなこさん「キャンプに行くのが好きなので物置はキャンプ用品だらけです。そこにうっかり入ってしまったアーティが、キャンプ用品の隙間を通ろうとして挟まってしまったことがあります。救出されるまで素直に待っていて、不器用なところがたまらなくかわいかったです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。
餅付きなこさん「『大きいのに狭い所を通ろうとする犬あるある』といった感想や、『スマホ持って来てくれるなんて偉い!』といったお褒めのお言葉を頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

餅付きなこさん「現在の猫と犬の漫画をできるだけ長く続けていきたいと思っています。新たなジャンルについては特に考えていませんが、絵をもっとうまく描けるようになりたいと思っています」

(オトナンサー編集部)

1 2

餅付きなこ

漫画家

漫画家として活躍。インスタグラム(https://www.instagram.com/kinakomochitsuki/)やウェブメディア「PECO」(https://peco-japan.com/)で漫画を発表している。2019年6月20日に「おさんぽですし! おしゃべり犬とイライラ猫の日記」(ぴあ)が発売。

コメント