オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

寝かしつけ失敗、泣き声も嫌で…自分の中の“母親”が壊れかけた日の漫画が「分かる」

子育てに疲れ切った一日を描いた漫画が話題に。いつもはできる寝かしつけができず、仕事もたまっており、「母親」の仮面が落ちてしまったように感じた母でしたが…。

子育てに疲れ切った一日を描いた漫画のカット=チッチママ(chicchi.diary)さん提供
子育てに疲れ切った一日を描いた漫画のカット=チッチママ(chicchi.diary)さん提供

 子育てに疲れ切った一日を描いた漫画がSNS上で話題となっています。夫の帰りが遅くなったある日。いつもはできる寝かしつけができず、仕事もたまっており、「母親」の仮面が落ちてしまったように感じた母でしたが…という内容で「痛いほど分かります」「お互い頑張りましょう」「子どもにはかないませんよね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

自分への教訓の意味を込めて投稿

 この漫画を描いたのは、チッチママ(ペンネーム)さんです。これまでに「ゆっくりと家族になろうよ」(KADOKAWA)などの作品を手がけています。普段は、主婦として子育てをしながら漫画を描いています。

 漫画は、写真では残せない子どもの仕草や思い出を残すために描き始めました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

チッチママさん「普段、インスタグラムやブログに投稿している絵日記はポジティブな内容ばかりなので『チッチママはいつも楽しそうに育児していて~』『いつも穏やかで~』などのコメントを頂くのですが、全くそんなことはなく、『私も実は…』という気持ちもあり、自分への教訓の意味も込めて投稿しました」

Q.この後、部屋に行って、いつものママに戻れましたか。

チッチママさん「戻れました。長女の『だいっき(だいすき)』という言葉で心に余裕ができ、こんなにかわいいわが子に寂しい思いをさせてしまったなと、居間でギュッとして謝りました」

Q.長女のチッチちゃんはこの時、ママが落ち込んでいることが分かったのでしょうか。

チッチママさん「よくも悪くも空気を敏感に感じとるところがあるので、きっと分かって迎えに来てくれたのだと思います」

Q.この出来事について、旦那さまとお話をされましたか。

チッチママさん「後から振り返って話すことはありませんでしたが、この時に、たまっている家事をものすごい速さで片付けてくれたのがとてもありがたかったです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

チッチママさん「同じような状況の人や、思うようにいかなくて笑顔でいられない人から『私だけじゃなかったんだ…』というコメントを頂きました。よい部分ばかり載せがちなSNSですが、その影で皆、苦しいときやつらいときがあるのだと思いました」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント

1件のコメント

  1. うちは0歳8ヶ月の娘がいます。
    夜はしっかり寝るし、放っておいても勝手に遊んで気付いたら寝てくれてます。
    でもたまに、不機嫌でなかなか寝付かずにずっと泣きわめく時があり、その時に限って旦那はゲームしたいからって泣き止ませろ、寝かせろと強要してきます。
    私と旦那は捨て子で義母や実母など家族が他に居ないため、辛くて時々子どもにも旦那にも当たってしまいます。
    布団の中やお風呂場に逃げてわんわん泣いたらやっと旦那が私の気持ちの状況を理解してくれます。
    漫画の主さんも大変だと思いますが、頼れる人がいるだけ良いと思います。環境に恵まれてますね。羨ましいです。
    お互い頑張りましょう。