オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

怒ってばかりだから…息子に“ありがとう”を毎日言うことにした漫画反響「すてきな親子」

息子に「ありがとう」を言うことにした話を描いた漫画が話題に。双子が生まれたことで、2歳の息子を怒ることが増えたと気付いた母は…。

息子に「ありがとう」を言うことにした話を描いた漫画のカット=こむすび(com.subi)さん提供
息子に「ありがとう」を言うことにした話を描いた漫画のカット=こむすび(com.subi)さん提供

 息子に「ありがとう」を言うことにした話を描いた漫画がSNS上で話題となっています。双子が生まれたことで、2歳の息子を怒ることが増えたと気付いた母。そこで寝る前に、息子に「ありがとう」を言うことに決めますが…という内容で、「天使だ」「すてきな親子関係」「素晴らしい習慣」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

息子へのいとおしさが爆発した

 この漫画を描いたのは、主婦のこむすび(ペンネーム)さんです。2歳の息子と0歳の双子を育てながら、インスタグラムで育児漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

こむすびさん「息子が生まれてから、記録として描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

こむすびさん「普段から、かわいかったことや面白かったこと、忘れたくないことなどを漫画にしており、この作品もその一つです。今回は、息子へのいとおしさが爆発したので描きました」

Q.いつの間にか「言わされている」ことに気づいたとき、どう思われましたか。

こむすびさん「『ありがとう』を言われ足りないのかなと(笑)上手に誘導してくるので、おかしいし、感心してしまいました」

Q.息子さんから、自発的に「ありがとう」を言われることもあるのでしょうか。

こむすびさん「私が伝えるようになってから、生活の中で自然と出る『ありがとう』が、とても上手になりました。最近は双子の妹たちにもよく言っていて、この前は息子の泣き声につられて泣いてしまった妹たちに『心配してくれてたの? ありがとう、ありがとうね』と言っていました(笑)」

Q.息子さんに「ありがとう」を伝えることでご自身に何か変化はありましたか。

こむすびさん「息子へのいとおしさが、さらに増しました。『ありがとう』を伝えると、お互いに穏やかな気持ちになるので、いつもこういられたらなあと思っています(実際は怒ってばかりですが)。今では毎晩、寝る前に『ありがとうしたいこと』『うれしかったこと』などを伝え合っています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

こむすびさん「『かわいい』『優しい』『自己肯定感が育ってる』などと言ってもらえて、親バカの私としてはうれしい限りです。『うちでもやってみたい』と言ってくださる方もいました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

こむすびさん「これまで通り、のんびりと日常の記録を楽しんで描いていけたらいいなと思います。わが家の日常を暇潰しに読んで笑ってもらえたらうれしいです」

(オトナンサー編集部)

1 2 3

コメント