オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

1+1は? 入学前の娘と足し算の練習をした漫画 ゼリーで数えると…「足し算あるある」

娘と足し算の練習をする様子を描いた漫画が話題に。学校で足し算を勉強することへの不安を口にする娘が「1+1」で悩んでいると…。

漫画「娘と足し算」のカット=はんぺんぎん(hanpengin6476)さん提供
漫画「娘と足し算」のカット=はんぺんぎん(hanpengin6476)さん提供

 娘と足し算の練習をする様子を描いた漫画「娘と足し算」がSNS上で話題となっています。学校で足し算を勉強することへの不安を口にする娘。「1+1」で悩んでいると、母親が娘の好きな「ゼリー」を例に出し…という内容で「賢い」「足し算あるあるですね」「お母さんの発想が素晴らしい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

今の月齢だからこそのシーン

 この漫画を描いたのは、はんぺんぎん(ペンネーム)さんです。普段は会社員として、働きながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

はんぺんぎんさん「育児漫画は娘が年少になってから描き始めました。いろいろな人の育児漫画を読んで自分も描いてみたいなあと思い、描き始めました。漫画を描くことで他のママからの話も聞けるので漫画兼、他のママとの交流ツールと考えています」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

はんぺんぎんさん「足し算が分かるような分からないような…そんな今の月齢だからこそ見られる貴重なシーンだったので、これは描かなければと思いました」

Q.ちーちゃんはその後、足し算の仕組みは理解しましたか。

はんぺんぎんさん「やはり、『1+1』の表記のように数字や記号で見るとまだ分からないようです。おはじきを使うとすんなり答えることができるので、気長に教えていければと思います」

Q.ゼリーなら、足し算ができそうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

はんぺんぎんさん「漫画のゼリーは娘が大好きな12個入りのゼリーなのですが、全部食べようとするので『明日食べる分残そうね』と言うと、『今日5個食べたら、明日は7個食べれる。明日のお昼後に3個、公園で遊んだ後に4個食べようかな』と自然と数えられます。そこで、娘の好きなゼリーで足し算をしました」

Q.この時、ちーちゃんはゼリーにありつけたのでしょうか。

はんぺんぎんさん「ありつけませんでした(笑)この会話は保育園のお迎えの時にしたもので、既に保育園で夕方のおやつを食べていたので、特にグズることなく済みました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

はんぺんぎんさん「『あるある』という意見を頂きました。どこのお子さんも『1+1』の表記は最初は分かりにくいものの、具体的なモノにすると分かっているようでした。うちだけではないんだなと安心します」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

はんぺんぎんさん「娘が年長になり、小学校入学まであと1年になりました。入学までに備えておいた方がよいことをまとめた入学準備の漫画を発信していきたいです。これまでたくさんの育児漫画を参考にしたので、次は自分の漫画を他のママに読んでいただければと思っています」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント