オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

くやしいです! 息子を笑わせようとしたら夫が圧勝だった漫画反響「何が違うんだろう」

夫婦で息子を笑わせたエピソードを描いた漫画が話題に。夫のちょっとした動きでも笑顔を見せる0歳の息子ですが…。

夫婦で息子を笑わせたエピソードを描いた漫画のカット=みやけ(miyahahama)さん提供
夫婦で息子を笑わせたエピソードを描いた漫画のカット=みやけ(miyahahama)さん提供

 夫婦で息子を笑わせたエピソードを描いた漫画がSNS上で話題となっています。夫のちょっとした動きでも笑顔を見せる0歳の息子。一方で、妻がどんなに頑張って笑わせようとしても…という内容で「分かります」「何が違うんだろう」「パパっ子でいいですね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

「一緒に過ごす時間は長いのに…」

 この漫画を描いたのは、ライター・イラストレーターのみやけ(ペンネーム)さん(27)です。食レポ記事や広告イラスト作成の仕事をしながら、インスタグラムで子育て漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

みやけさん「待望の妊娠が発覚し、心拍確認から安定期までの不安な時期を記録に残しておきたいと思い、日記のように手描きでひっそりと漫画を描いていました。無事に安定期を迎えましたが、まだ不安も大きかったので、生まれるまでの情報交換のためにインスタを開始しました。今では育児日記となりましたが、いつか息子に絵本のような形で見せることができたら、と思っています」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

みやけさん「息子はパパが大好きで、パパは低コストで息子を笑わせることができます。『一緒に過ごす時間は私の方が長いのになんで…』とムキになって描きました(笑)」

Q.みやけさんがパパのまねをしても、笑ってもらえませんか。

みやけさん「このときは、いくらパパのまねをしてもうまく笑ってはくれなかったです。パパの動きと声のタイミングが絶妙なんでしょうか…?」

Q.みやけさんは、パパのどのような部分で笑われていますか。

みやけさん「声、顔芸、変なダンス…あらゆるところがツボです。きっと、私が笑い上戸なのもあると思います。パパも分かっているので、現在も容赦なく笑かしにかかります。私の腰が抜けてへたり込むまで、笑わせるのを止めません…」

Q.息子さんの「笑いのツボ」は見つかりましたか。

みやけさん「毎回ツボが異なるらしく、まだ模索中です。基本的に、テンションを普段の数倍にしてくすぐりにかかると、笑ってくれることが多いです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

みやけさん「『うちも同じ』という感想が多かったです。『ママはいつも一緒にいてくれるから安心しているんだよ』というコメントも多数頂き、ホッとしました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

みやけさん「不安も悩みもリアルに描いているので、妊娠中や子育て中の方のちょっとした息抜きや参考になるようなこと、産後役立ったグッズなどを自身の経験をもとに描いていきたいです。また、『子どもあるある』を盛り込んだLINEスタンプを作ったり、お子さんの似顔絵を描いたりしてみたいです」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント