• HOME
  • エンタメ
  • 「このマンガがすごい!2017」オトコ編1位は「中間管理録トネガワ」 中間管理職の悲哀と気合描く

「このマンガがすごい!2017」オトコ編1位は「中間管理録トネガワ」 中間管理職の悲哀と気合描く

「月刊ヤングマガジン」で連載中の「中間管理録トネガワ」が、宝島社の「このマンガがすごい!2017」オトコ編の第1位に選ばれました。人気漫画「カイジ」のスピンオフ作品として知られる同作ですが、その魅力は何でしょうか。

12月6日に発売されたばかりの「中間管理録トネガワ」第4巻

「月刊ヤングマガジン」で2015年から連載中の「中間管理録トネガワ」が12月10日、宝島社のコミックガイドブック「このマンガがすごい!2017」オトコ編の第1位に選ばれました。

 人気ギャンブル漫画「カイジ」のスピンオフ作品として知られ、12月6日に第4巻が発売されたばかりの同作。TSUTAYA三軒茶屋店の名物スタッフで、名作漫画の復刊なども手掛ける栗俣力也さんは「40~50代のビジネスマン必読」と一押しします。

 その真の魅力とは何でしょうか。栗俣さんに徹底的に語ってもらいました。

上司や部下との衝突…「中間管理職あるある」が満載

 同作は「カイジ」の作中で巨大ヤミ金企業「帝愛グループ」の最高幹部として描かれる利根川幸雄が、まだ中間管理職だった頃の話です。気分屋で、部下を振り回してばかりいるグループの会長・兵藤和尊に、債務者たちを使った「死のゲーム」の企画を命じられた利根川。さっそく部下を集めてプロジェクトチームを結成するのですが……。

 兵藤からの邪魔や部下との衝突、自らの病など、さまざまなトラブルに見舞われながらも、地道に仕事をこなしていく利根川の姿は「40~50代のビジネスマン」そのものと言えるでしょう。

「パワーポイントの使い方にいまだなじめず、部下がせっかく資料を作ったのに『パワポ!』と嫌悪感を丸出しにしてしまったり、部下からの相談に的外れなアドバイスをしてしまったりと、『中間管理職あるある』を地で行っています」と栗俣さん。

 しかし、そんな利根川に読者は自らを重ね、時には元気をもらい爆笑してしまうといいます。「何だかんだで皆さん、利根川の気持ちがわかるんですよ。だから今回選ばれたのだと思います」。

1 2

栗俣力也(くりまた・りきや)

TSUTAYA三軒茶屋店スタッフ

絶版書の復刊や、著者を発掘して書籍化、コミック化するなど、数多くの仕掛け販売を行い、ヒット本を発掘することで知られる、TSUTAYA三軒茶屋店スタッフ。「仕掛け番長」とも呼ばれ、「日経トレンディ」の仕事人の連載などにも登場。単なる書店員としての目線ではなく、企画力あるお店作りにも定評がある。