オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

【表】乳がんの進行度と5年生存率

乳がんの治療法は発見時の進行度(病期)によって変わってきます。ステージ「0」~「Ⅱ」期は「早期がん」とされ、多くは乳房を温存できる可能性が高く、「Ⅲ」期以降は原則、乳房全切除の対象となります。5年生存率は全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2015年12月集計)。

元記事:女性の罹患数第1位 「乳がん」の基礎知識