オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 藤木直人、子どもの写真を飾ってアフレコ 映画「リメンバー・ミー」ジャパンプレミア

藤木直人、子どもの写真を飾ってアフレコ 映画「リメンバー・ミー」ジャパンプレミア

映画「リメンバー・ミー」のジャパンプレミアが3月8日に行われ、吹き替え版キャストの石橋陽彩さん、藤木直人さん、松雪泰子さん、橋本さとしさん、横山だいすけさんらが出席しました。

「リメンバー・ミー」ジャパンプレミア

 ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」のジャパンプレミアが3月8日、東京・上野恩賜公園野外ステージで行われ、吹き替え版キャストの石橋陽彩さん、藤木直人さん、松雪泰子さん、橋本さとしさん、横山だいすけさんらが出席しました。

 同作は、家族に音楽を禁止されている少年ミゲルが伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟(れいびょう)に飾られていたギターを手にしたことがきっかけで、死者の国に迷い込んでしまいます。そこで陽気なのに孤独なガイコツ・ヘクターと出会い、家族の絆を結ぶファンタジーアドベンチャーです。

 ミゲルを演じた石橋さんは「緊張していますが、皆さんに見てもらえることを楽しみにしています」と緊張ぎみにあいさつ。同作が、米アカデミー賞で長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞したことを受け藤木さんは「その前のゴールデングローブ賞でも取ったし、アカデミーでも取れると思っていました」と笑顔。松雪さんも「世界中でもいろいろな賞を受賞しているので、日本にも『リメンバー・ミー』が広がってくれたらと思います」と期待を込めました。

 家族の絆がテーマの同作にちなんで、藤木さんは「祭壇に家族や先祖の写真を飾るのがポイントとして描かれていて、自分も子どもの写真を飾りながらアフレコしていました。子どもたちが完成したものを楽しみにしていると思って頑張りました」と披露。松雪さんは「自宅に家族の写真を飾っていて、『両親は元気かな』と思って写真を見ていると電話がかかってきたりするので、つながってるんだと思いました」と話しました。

 この日は、シシド・カフカさんと東京スカパラダイスオーケストラによる日本版エンドソング「リメンバー・ミー」の特別ライブも行われました。

 映画「リメンバー・ミー」は3月16日から全国公開。

(オトナンサー編集部)