オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「優しさに涙」 入院するママを三者三様のやり方で励ましてくれる3人の子どもたち

入院前日の子どもたちの様子を描いた漫画が話題に。手術のため、入院することになった母親。その前日、子どもたちに入院することを告げると…。

漫画「入院前の子どもたち」のカット=さやかわさやこ(futomomushi)さん提供
漫画「入院前の子どもたち」のカット=さやかわさやこ(futomomushi)さん提供

 入院前日の子どもたちの様子を描いた漫画「入院前の子どもたち」がSNS上で話題となっています。手術のため、入院することになった母親。その前日、子どもたち(長男=小4、次男=年長、長女=年少)に入院することを告げると、リアクションは面白いように三者三様で…という内容で「お子さんたちの優しさに涙」「かわいい」「どれもキュンキュン」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

子どもたちの精いっぱいの励ましに感動

 この漫画を描いたのは、さやかわさやこ(ペンネーム)さん(38)です。普段は主婦として子育てをしながら、インスタグラムブログなどで育児絵日記を中心に発表しています。退院後のエピソードもインスタグラムに投稿しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

さやかわさやこさん「年齢差もありますが、子どもたちの様子が本当に三者三様でそれぞれの姿がいとおしかったので、描いて残すことにしました」

Q.3人それぞれの思いを伝えてくれたときの心境を教えてください。

さやかわさやこさん「不安な気持ちを全面に出さず、子どもたちなりに精いっぱい励まそうとしてくれているのが伝わり、すごくうれしかったのと、心配をかけてしまい、申し訳ないなという気持ちが混ざっていました。私がしばらくいなくなるだけではなく、さらに手術もするということで、子どもたちはとても心配で不安だったと思います」

Q.お子さんたちは普段から、このように励ましてくれるのでしょうか。

さやかわさやこさん「体調が悪いときや仕事が大変なときなど、それぞれが『大丈夫?』『頑張ってや』などと声掛けをしてくれます」

Q.ちなみに、入院前、旦那さまはどのように送り出してくれたのですか。

さやかわさやこさん「夫は子どもたちとは対称的で、ほんとにいつも通りというか、特別な言葉などはありませんでした。私が不在にすることも『ま、大丈夫でしょ』と軽い感じの口ぶりでしたが、多分、大げさにしないことで私を安心させてくれていたのかなと思います。不器用な夫なりの精いっぱいの優しさと受け取っていました(笑)」

Q.退院してきたときの、お子さんたちの反応は。

さやかわさやこさん「退院後の反応も心配してくれたり、甘えてきたり、三者三様でした。子と゛もたちそれそ゛れ、本当によく頑張ってくれたなと思います。特に長男はいろいろ分かっているだけに、すごく気を張って頑張ってくれたなあと思っています」

Q.入院中、家族の激励を思い出すこともあったのでしょうか。

さやかわさやこさん「手術直前はものすごく不安で緊張していたのですが、子どもたちが私にくれた言葉を何度も何度も思い返しては自分を奮い立たせていました。子と゛もたちのためにも、しっかり元気になって帰りたいと思っていました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

さやかわさやこさん「本当にたくさんの方々から、温かい励ましのお言葉を頂きました。また、同じ病気を経験された方やこれから手術する方からもコメントを頂いたりして、とても勇気づけられました」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

さやかわさやこ

ブログ「さやかわさやこの生態記録」(https://sayakawasayako.nbblog.jp/)やインスタグラム(https://www.instagram.com/futomomushi/)で漫画を発表している。

コメント