オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【漫画】コロナで家族と面会できず寂しがる患者たち…こういう方法があればいいな 「やってみたいです」

コロナ禍における病院の「面会」について描いた漫画が話題に。家族との面会が制限され、寂しい思いをする入院患者たちは多く…。

コロナ禍における病院の「面会」について描いた漫画のカット=ぱれちに(paretiny)さん提供
コロナ禍における病院の「面会」について描いた漫画のカット=ぱれちに(paretiny)さん提供

 コロナ禍における病院の「面会」について描いた漫画がSNS上で話題となっています。新型コロナウイルスの影響で家族との面会が制限され、寂しい思いをする入院患者たち。そこで考えた、このご時世ならではの面会方法は…という内容で「やってみたいです!」「顔を見て話せるのはいいですね」「うちも導入しました」などの声が上がっています。作者に聞きました。

いろいろなところに面会制限の弊害

 この漫画を描いたのは、ぱれちに(ペンネーム)さんです。看護師をしながら、イラストレーターとしても活動しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ぱれちにさん「物心ついた頃から、絵を描くのが好きでした。漫画は、看護師になってしばらくしてから描き始めました。看護師をしていて、いろいろ積もり積もるものがあったので、それを吐き出そうと描いたのがきっかけです」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ぱれちにさん「新型コロナウイルスによって面会が制限され、ストレスを抱える患者さんやご家族を見てきて、こういう方法が当たり前にできるようになったらいいなと思い、描きました」

Q.実際、この方法で面会をしている方はいましたか。

ぱれちにさん「この方法で面会をしているのを実際に見たことはありません。いまだ面会制限は厳しく、ご家族は病棟に入ることができないので、この漫画のように面会できたりする機会が増えればいいなと思っています」

Q.面会制限で、寂しい思いをしている患者さんは多いのでしょうか。

ぱれちにさん「多いです。会えずに寂しいので、電話をされる方もいらっしゃいますし、不安になって暴言を吐いたり、機嫌が悪くなったりする方も少なくありません。いろんなところで面会制限の弊害が出ていると思います」

Q.寂しい思いをしている患者さんには、どのように対応しているのですか。

ぱれちにさん「時間が許す限り、ベッドサイドに行って患者さんとお話しし、気分がまぎれるように対応しています。また、ご家族との電話をつなげたりもします」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ぱれちにさん「『こういう面会もしてほしい』という意見が多かったです。また、すでにこの方法で面会を行っているというコメントもありました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ぱれちにさん「今まで通り、医療の現場における、一般的に知られていないことや知ってほしいことを漫画にしていけたらと思います」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント