オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 温泉にも生命保険にも入れない「タトゥー」の現実

温泉にも生命保険にも入れない「タトゥー」の現実

ファッションとして市民権を獲得しつつあるとはいえ、日本社会ではまだまだ、抵抗感のある人も多い刺青やタトゥー。とりわけ、生命保険の現場においては、その傾向が顕著なようです。

刺青・タトゥーと生命保険の関係とは

「実はタトゥーがあるんですよ」

 保険のプランが決まって、いざ申し込みという時に、このようなことを言われることがあります。

 当然のことながら、暴力団などの非合法組織に所属しているわけでもなく、あくまでも「ファッション」として入れている以上、本人もそれほど大げさに考えているわけではありませんが、「生命保険に加入する」という観点では、実は意外に大変です。

刺青やタトゥーに厳しい日本社会

 海外に比べると、日本は刺青やタトゥーに厳しいと言われますが、とりわけ生命保険に関しては顕著です。日本では長らく「刺青=暴力団」、つまり反社会的勢力という定義がなされ、最近はファッションタトゥーが増えたものの、生保業界においてはいまだに疑惑の目で見られます。

 それでは、一切加入できないのかといえば、そういうわけでもなく「保険会社ごとのスタンス」によります。まず、刺青やタトゥーがある場合は「一切加入不可」の会社があり、次に「事情により可」という会社があります。

 前者は、どのような事情があろうと刺青やタトゥーがあった段階で加入を受け付けてくれません。これに対し、後者は以下の項目を申告することで加入の可否を判断します。

・どのような経緯で入れたのか

・どこ(場所)で入れたのか

・大きさ

・柄

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。