オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

金ピカ先生にささぐ! メディアは中傷やあおりではなく、社会構造に切り込むべきだ

金ピカ先生こと佐藤忠志さんの死を巡る報道について、障害者支援活動などを通じて関係のあった筆者が思いの丈をつづります。

故・佐藤忠志さん(角新一さん提供)
故・佐藤忠志さん(角新一さん提供)

 今年も多くの人たちが鬼籍に入りました。筆者にとって忘れられないのが、金ピカ先生こと佐藤忠志先生(以下、先生)の逝去です。しかし、メディアの扱いがひどく、死者にむち打つ記事が多いことに驚きを禁じ得ませんでした。特に、「現代ビジネス」の記事は興味深く読ませていただきましたが、強い違和感を覚えました。

 先生の変わりざま、あまりに寂しい様子には言葉もありません。先生は脳梗塞や心筋梗塞といった大病も患われました。病気の影響で体形はやせ型、涙もろくなっていました。それを殊更みじめに“あおり記事”を書くのはいかがなものでしょうか。このような記事を読んで、離婚した元奥さまがどれだけ苦しんでいるのか、多くの教え子の気持ちをどれほどないがしろにしているのか。本稿で追悼を行います。

なぜ、人の死をみじめにあおり立てるのか

 記事を調べると、若い世代の人に何かを伝えようとしていたに違いないという仮定や推測によるものが多いのが気になります。取材をしているのでしょうか。先生はメディアに出ているときから、写真を拒否されることはありませんでした。撮影を依頼されたときの表情はいつも笑顔です。「著作権、肖像権? そんなことは小さいやつが言うことだ!」といつも言われていました。

 数年前までは、外出する際には、ボルサリーノやカウボーイハットをかぶり、誰もが知っている派手ないでたちでした。筆者が「先生はいつになってもオシャレですね!」と尋ねると、「僕のことを知っている人の夢を壊してはいけないからね」という返事が返ってきます。これらの写真は先生が許可したものでしょうか。ナルシシストで人一倍見た目を気にする先生が、このようなひどい写真を許可するとは思えませんでした。

 多くの記事には、趣味の車をはじめ、放蕩(ほうとう)を繰り返していたと書かれていますが事実とは異なります。日頃、乗り回していたのは「SLクラス・ベンツ500SL」です。コレクションは昔のこと。すでに走らない車もありました。

 教室に日本刀を持ち込んだり、貴金属や札束を見せつけるパフォーマンスのことを書かれている記事がありますが、裏を取ったのでしょうか。刀はダイカストの模造品。常識で考えれば分かることです。貴金属や札束を見せつけるパフォーマンスは、バブル期にお金をばらまくことで注目を集めた消費者金融社長、杉山治夫氏をまねしたものです。

 今でも、探せばいくつも動画が出てきますが、これは、ミッキー安川さんとの打ち合わせによるヤラセです。同じような派手なシチュエーションで撮影をお願いしたいとオーダーがあったと言われていました。

 晩年、先生が苦労された理由は他にあると考えています。それはタカリです。日常的なタカリが多かったと聞いたことがあります。筆者も知人の経営者など数人を引き合わせたことがありました。時には、イベントに出演してフィーを踏み倒されることがあったようです。先生は案件の吟味や金銭的な交渉が苦手でした。

 テレビなどでも「懐かしのあの人」のような番組で取り上げられることがありました。しかし、ギャラを支払ってくれないという話を聞いたことがあります。先生は見た目とは異なり、優しい性格でもめ事を嫌う性分でした。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント