オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

市井紗耶香に聞く、アイドル発掘プロジェクトにかける思い 目指すアイドル像は?

一人一人の個性を大切にする

Q.理想のアイドル像を教えてください。

堀越「音楽の側面からの話になってしまうんですが、私は、アイドルだからコレといった特別な理想は持っていないんです。アイドルだから、シンガーだからではなく『人の心を動かしたい』という理想が常にあります。

ロック、パンク、テクノ、EDMと多種多様なアイドルがいる時代だからこそ、もっとシンプルに心に響く音楽を作っていきたいと考えています。楽しい、悲しい、心地良い、感動。そうした感情や抑揚を表現する音楽をプロデュースしていき、ブランドにしたいと思っています」

Q.メンバーはどのような人間に育てるつもりでしょうか。

水城「とにかく、一人一人の個性を生かせるような環境を作っていきたいですね。昔は選ばれた人のみが芸能人になっていましたが、今は素人でもテレビやYouTube、SNSなどを通じて、有名になることができる時代です。こういう状況を悲観する人もいるのかもしれませんが、僕はそれでいいと思うんです。今の時代だからこそ、誰かに作り上げられたものではなく、一人一人の個性や喜怒哀楽を大切にしていきたいと考えていて。

例えば、私の事務所には、コミュニケーション下手な子、いわゆる『コミュ障』の子がいるんですが、その子は人前でマスクが取れなかったり、会話がうまくできなかったりするんです。そんな彼女が人前に出ようって思うこと自体がすごいドラマで、ステージで歌を披露するために頑張る姿は、見ている人に勇気を与えてくれました。

マニュアル通りのタレントを育成していくよりも、違う目線、違う角度で見たときに輝く、一人一人の個性やドラマを大切に育てていきたいです」

Q.アイドルを目指す“原石”へ向けてメッセージをお願いします。

市井「たくさんのご応募を頂いていて、一人一人の気持ちを履歴書を通じて見るのがすごく楽しいです。これからも性別問わず、いろいろな方からのご応募をお待ちしています。一緒に楽しいことをしましょう」

(オトナンサー編集部)

1 2 3

コメント