オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ママに“おてて”をつなぐよう言われ続けた息子の成長描く漫画 「成長いとおしい」と反響

子どもの成長を感じた瞬間を描いた漫画が話題に。毎日のように母親から「おててつないで」と言われ続けてきた息子ですが…。

子どもの成長を感じた瞬間を描いた漫画のカット=むぴー(mupyyy)さん提供
子どもの成長を感じた瞬間を描いた漫画のカット=むぴー(mupyyy)さん提供

 子どもの成長を感じた瞬間を描いた漫画がSNS上で話題となっています。毎日のように母親から「おててつないで」と言われ続けてきた息子。しかし、ある日、自分から母親に手を差し出し…という内容で「泣けます」「成長がいとおしい」「胸が熱くなりました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

「おかーちゃん、おてて」に感動

 この漫画を描いたのは、むぴーさん(ペンネーム)です。インスタグラムブログで子育て漫画を発表し、複数のメディアで掲載されています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

むぴーさん「ある日、息子に『おかーちゃん、おてて』と言われて手をつないだときに、『あ、そういえば、いつの間にか息子が手をつなぐことを覚えてる!』と感動したので、描きました」

Q.自分から「おてて」と言えるようになったのは、いつごろからでしょうか。

むぴーさん「自分から手をつないでくれるようになったのは、3歳過ぎからです。特にきっかけはなく、気付いたらという感じでした」

Q.「おてて」と言われたとき、どんな気持ちでしたか。

むぴーさん「何度も何度も、無意味に思えるような手応えのないやり取りを繰り返したものが、確かに子どもたちの中に積み重なっていることが分かって、とてもうれしかったです」

Q.今ではすっかり、手をつなぐことが習慣になっていますか。

むぴーさん「最近また手をつなぎたくない時期が来たらしく、本当に危ないところ以外は手をつないでくれません(涙)ただ、手をつながなくても急に走り出すこともなくなり、ちゃんと私の言うことを聞いて近くにいてくれるので、これもまた成長かなと思います」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

むぴーさん「同じような経験をしている親御さんがたくさんいました。今、手をつないでくれないお子さんをお持ちの方は『今はこんなんでも、いつか届くんですね!』と希望を持っていただけたようです」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント