オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

息子から初めて“だいすき”と言われた感動を漫画に 「ジーンときました」と共感の声

息子の言葉がうれしくて泣いた経験を描いた漫画が話題に。ママと遊びたくて足元で泣き出す息子。いつもは食べるビスケットを投げ出すほど不機嫌になりますが…。

 息子の言葉がうれしくて泣いた経験を描いた漫画のカット=さかむけさか子(sakamukesakako)さん提供
息子の言葉がうれしくて泣いた経験を描いた漫画のカット=さかむけさか子(sakamukesakako)さん提供

 息子の言葉がうれしくて泣いた経験を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ママと遊びたくて足元で泣き出す息子。いつもは食べるビスケットを投げ出すほど不機嫌になりますが、ママが抱きしめると…という内容で「ジーンときました」「私も言われたい」「かわいすぎる」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

感動のあまり、一気に描き上げる

 この漫画を描いたのは、主婦のさかむけさか子(ペンネーム)さん(37)です。育児の傍ら、インスタグラムやウェブ媒体でイラストエッセーを執筆しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

さか子さん「小さい頃から絵を描くのが好きでした。長男妊娠時、いつか、旦那さんの何とも言えない面白さを子どもに見せたいと思い、記録として残すために漫画を描くようになりました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

さか子さん「とてもうれしかったので、記録したくて。感動のあまり、一気に描き上げました」

Q.息子さんは、普段からよくいたずらをするのですか。

さか子さん「やりたいと思ったいたずらに関しては、あの手この手を使って何度でもチャレンジしています。怒られても全然めげず、やめません。このときはどうしてもお菓子が食べたかったんでしょうね」

Q.この後も、うれしい言葉を言ってくれるようになりましたか。

さか子さん「いいえ。これっきり、まだ言ってくれないです(笑)」

Q.息子さんの「だいすき」は何でしょうか。

さか子さん「家族とアンパンマンと、Eテレの子ども番組でしょうか。バナナとトマトも大好きです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

さか子さん「うれしいことに、『泣けました』『ほっこりしました』『自分の子どもの頃を思い出しました』など温かいコメントをたくさん頂き、とても励みになりました。ありがたいですね」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

さか子さん「描くことでストレスを発散しているので、計画性や一貫性がないんですよね(笑)似顔絵や絵本を描いたり、エッセー以外の漫画を描いたりしたいです」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント

1件のコメント

  1. クリアって感じだな。