オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

怒りっぽく…? 出産後の妻の変化をパパ/ママ目線で描く漫画 女性から共感の声多数

子どもが誕生した後の夫婦の変化を描いた漫画が話題に。出産後、妻が短気になったと感じる夫。入浴後、「バスタオルを取って」とお願いしたところ…。

子ども誕生後の夫婦の変化を描いた漫画のカット=鳥谷丁子(@TanikoNikki)さん提供
子ども誕生後の夫婦の変化を描いた漫画のカット=鳥谷丁子(@TanikoNikki)さん提供

 子どもが誕生した後の夫婦の変化を描いた漫画がSNS上で話題となっています。出産後、妻が短気になったと感じる夫。入浴後、「バスタオルを取って」とお願いしたところ、妻の対応が…という内容で「共感した」「夫に何度も殺意を抱いた」「できることは自分でやって」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

上司に「産後に女は変わる」と言われた

 この漫画を描いたのは、鳥谷丁子(ペンネーム)さんです。現在、7カ月の息子がいて、育児をしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

鳥谷さん「育児漫画を描き始めたのは、子どもが生後3カ月を迎えた頃です。時間に余裕が生まれたので日記の延長線として描きました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

鳥谷さん「産休前、職場の上司から『産後に女は変わる』『出産すると女は鉄になる』と言われたことがきっかけです。確かに、子育ての経験がない方や、仕事が忙しくて育児ができない男性から見たら、妻が怖いと感じると思います。

しかし、妻は必死に子育てをしているので、そう思われてしまうのは残念です。そこで、父親の視点、母親の視点からそれぞれ紹介することで、お互いの気持ちをより多くの人に分かっていただきたいと考えました」

Q.父親の視点を描くにあたり、旦那さんから当時の気持ちを聞いたのですか。

鳥谷さん「聞きました。夫を叱った当時、『さっきはごめん、ちょっと意地悪だったね』と謝りました。それを聞いた夫が『昔は拭いてくれた』と悲しげに言ったので、漫画に描いたような母親としての気持ちを伝えました」

Q.タオルの件以外でイラっとした出来事はありますか。

鳥谷さん「数え切れないほどあります(笑)」

Q.育児や家事の負担を減らすために工夫したことはありますか。

鳥谷さん「朝、夫に息子のオムツ替えをしてもらったり、洗濯機を回してもらったりしています。なお、夫のお弁当や食事は、本当に余裕があるときにしか作っていません。夜、息子に起こされるので、朝眠ることで精神的にもかなり救われるからです」

Q.漫画についてどのような意見が寄せられていますか。

鳥谷さん「現在育児中の女性から共感の意見を頂いたほか、お子さんが成人された方から『懐かしいわ』『こんなことあったなあと見るたび思い出しています』などの意見を頂きました。男性からは『参考になります』といった意見も頂いています」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

鳥谷さん「育児とはあまり縁がない学生さんに、私の育児漫画を読んでもらいたいです。私が壮絶な反抗期を迎えて、母に迷惑をかけたからです。育児の大変さを少しでも知っていたら反抗しなかったと後悔しています」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント