オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

彼女のために映画を予約した男性の悲劇描く漫画 当日スマホがなく…そういうオチか!

とある男性の悲劇を描いた漫画が話題に。ある日、彼女から話題の映画を見たいと言われた男性でしたが…。

漫画「スマホを拾っただけなのに」のカット=バラシ屋トシヤ(barashiyatoshiya)さん提供
漫画「スマホを拾っただけなのに」のカット=バラシ屋トシヤ(barashiyatoshiya)さん提供

 とある男性の悲劇を描いた漫画「スマホを拾っただけなのに」がSNS上で話題となっています。ある日、彼女から話題の映画を見たいと言われた男性。当日、映画を確実に見られるように、機械音痴の彼女に代わってスマホでチケットを予約しますが…という内容で、「うまい」「面白い」「引っ掛けてあって笑いました!」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

漫画のお題募集企画がきっかけ

 この漫画を描いたのは、バラシ屋トシヤ(ペンネーム)さん(30歳)です。12月21日に、インスタグラムで発表してきた4コマ漫画をまとめた単行本「こびりつく4コマ劇場」を発売予定です。

Q.漫画を描き始めたのは、いつ頃からですか。

バラシ屋トシヤさん「ちゃんとした漫画を描いたのは大学4年生の時です。きっかけは、就活がひと段落した後、本当にやりたいことは何かと考えて、小学生の頃に夢中になった漫画に挑戦したいと思い、本格的に活動を開始しました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

バラシ屋トシヤさん「インスタグラムで漫画のお題募集企画をやっていて、話題の映画のタイトルに似たお題を頂き、面白そうだったのでこのお題で考えることにしました」

Q.お題を選定するときの基準はありますか。

バラシ屋トシヤさん「何となく、『このお題だったら何か生まれそうな気がする』というものを選んでいます」

Q.ストーリーを構成する上で、難しい点などはありますか。

バラシ屋トシヤさん「考えたストーリーを8コマに抑えて、なおかつ最後のコマにオチを持っていくのが難しいです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

バラシ屋トシヤさん「『オチが読めなかった』『世にも奇妙な物語みたい』『星新一みたい』『怖いけど面白い』『(単に)笑える』などの意見が寄せられました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

バラシ屋トシヤさん「現在やっている、お題募集企画にどんどん挑戦していきたいです。タイトルをフォロワーさんに決めてもらうことによって、自分一人では考えなかった方向の話が生まれたりするので楽しいです」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント