オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • キスマイ北山宏光“猫姿”がついに公開!「手応えを感じています」 映画「トラさん」

キスマイ北山宏光“猫姿”がついに公開!「手応えを感じています」 映画「トラさん」

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが“猫”を演じる映画「トラさん」。北山さんの猫姿がついに公開されました。

北山宏光さん(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

 アイドルグループ・Kis-My-Ft2の北山宏光さんが、猫を演じることで話題となっている映画「トラさん」(2019年公開予定)ですが、北山さんの“衝撃的な”猫姿がついに公開されました。本人のコメントも到着しています。

 同作は、2014年から「月刊YOU」(集英社)に連載された同名漫画を実写化。売れない漫画家・高畑寿々男(北山さん)は酒とギャンブルの日々を過ごしていますが、ある日、競輪で大当たりした帰り道に交通事故に遭い、妻・奈津子(多部未華子さん)と娘・実優(平澤宏々路さん)を残して死んでしまいます。

 目を覚ました寿々男を待っていたのは「関所」。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められるシステムで寿々男に下された判決は「執行猶予1カ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫として」でした。猫の姿で奈津子と実優の元に戻った寿々男は……というストーリー。

 北山さんは同作が映画初出演にして初主演。猫役に挑戦することが話題となっており、SNS上では「猫を演じるってどういうこと」などの声が上がっています。北山さん自身も出演の話が来た時「どういうこと」と不思議に思ったそうです。

<北山宏光さんコメント>

撮影初日からいきなり“猫”だったんですが、実際に猫を演じてみると、寿々男であり猫であることの気持ちや感覚がリアルになって来て、もっとこんなこともできるのかなあって、毎日いろいろと発見もあります。猫を演じて、人を演じて、というのはなかなかないことなので(笑)、普段ではできないことをいっぱい詰め込めるので、この役にすごくやりがいを感じています。猫だから、猫なのに心は人だからこそできることがある。「カット」がかかって監督がクスリと笑ってくれると、密かに手応えを感じています。

(オトナンサー編集部)