オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • キスマイ北山宏光、映画初出演&初主演で“猫”に! 「トラさん」実写化、妻役は多部未華子

キスマイ北山宏光、映画初出演&初主演で“猫”に! 「トラさん」実写化、妻役は多部未華子

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが、2019年公開の映画「トラさん」で映画初出演・初主演を果たします。その役どころは“猫”です。

映画「トラさん」(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

 アイドルグループ・Kis-My-Ft2の北山宏光さんが、2019年公開の映画「トラさん」(筧昌也監督)で映画初出演・初主演を果たすことが分かりました。自身初の父親役、そして“猫役”に挑戦します。共演者は多部未華子さん、平澤宏々路さんで3人からコメントが届きました。

 同作は、2014年から「月刊YOU」(集英社)に連載された同名漫画を実写化。売れない漫画家・高畑寿々男(北山さん)は酒とギャンブルの日々を過ごしていますが、ある日、競輪で大当たりした帰り道に交通事故に遭い、妻・奈津子(多部さん)と娘・実優(平澤さん)を残して死んでしまいます。

 目を覚ました寿々男を待っていたのは「関所」。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められるシステムで寿々男に下された判決は「執行猶予1カ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫として」でした。猫の姿で奈津子と実優の元に戻った寿々男は…というストーリー。

 3人のコメントは次の通りです。

<北山宏光さん>

今回のお話を頂いて、まず「僕が?っていう驚きがありました。映画に出演させていただくのは初めてですし、もちろん映画の主演も初めて。そのあとに「猫役なんだけど」と聞いた時は、「どういうこと?」と思いましたが(笑)、原作を読ませてもらって、なるほどそういうことかと思いました。原作は、うるっとするところもあるんですが、ただ悲しいだけじゃなく、温かいお話で、読み終わった後に心がほっこりしました。

<多部未華子さん>

北山さんとも宏々路ちゃんともお芝居をご一緒するのは初めてですが、とても仲の良い家族の設定ですので、和気あいあいと楽しめたらいいなと思います。北山さんは、バラエティー番組でご一緒したことがあるのですが、輪の中心となって場を盛り上げてくれるイメージがあるので、現場が今から楽しみです。原作では、トラさんは猫だから私は猫さんとたくさん一緒の時間を過ごすことになると思うので、猫さんとのお芝居もとても楽しみにしています。

<平澤宏々路さん>

北山さんとは初共演なので、とても緊張しています。勝手なイメージですが、厳しそうな気がしていました。でも、会ってみて面白い人でした。似顔絵を描いてもらったとき、おかっぱの部分がわたしにそっくりでした。一緒に遊んでもらいたいです!多部さんは、多部さんの子供のころの役をやらせていただいたことがありますが、今回は私の素敵なお母さんになってくれるんだなと思っています。多部さんともっといろいろ女の子トークしたいです!

(オトナンサー編集部)

コメント