オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 松坂桃李さん演じる“殺人犯”に翻弄されてほしい 映画「不能犯」白石晃士監督インタビュー

松坂桃李さん演じる“殺人犯”に翻弄されてほしい 映画「不能犯」白石晃士監督インタビュー

2月1日公開の映画「不能犯」。松坂桃李さん演じる宇相吹正と、彼が引き起こす変死事件を追う刑事・多田友子(沢尻エリカさん)の対決を描くサスペンススリラー作品ですが、今回は白石晃士監督にその見どころを聞きました。

映画「不能犯」の白石晃士監督(2018年1月、編集部撮影)

 2月1日から公開される、松坂桃李さんがダークヒーローを演じることで話題の映画「不能犯」。ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと願いを叶えてくれる男・宇相吹正(うそぶき・ただし、松坂さん)と、彼が引き起こしたとされる変死事件を追う刑事・多田友子(沢尻エリカさん)の対決を描くサスペンススリラーエンターテインメント作品です。原作はグランドジャンプで連載されています。

 オトナンサー編集部では、白石晃士監督にインタビューを実施。松坂さんの起用理由や、宇相吹正というキャラクターをどのように捉えたか、さらには沢尻さんの印象についても聞きました。

松坂さんは「とにかく好青年で真面目」

Q.今回、監督を引き受けることになった経緯はどのようなものですか。

白石監督「漫画原作をやってもらえないかとプロデューサーさんからオファーを頂戴し、原作を読ませてもらったところ、原作者さんが描きたいものと私が描きたいと思うことに共通するものがあると思いお受けしました。宇相吹正というキャラクターもただの悪役ではなく、何か秘めているものがうっすら見えるのが面白いと思いました」

Q.原作のどのようなところが気に入りましたか。

白石監督「宇相吹が依頼を受けて殺すことの理由が明確に分からない謎めいたところや、善人でもドロドロした心の内がありそうだというのが見えてくるところが面白いと思いました。そんな宇相吹に対してある意味『きれい事』をよしとしている沢尻さん演じる多田刑事が対決していくのがいいですね」

Q.宇相吹正というキャラクターをどのように捉えていらっしゃいますか。

白石監督「原作では正体を明かしていないので、映画でも正体は明かさないように決めていました。プロット段階では、宇相吹の過去が描かれる案もありましたが、やらない方がよいと言いました。漫画は読み続けていけば宇相吹の動機などが見えてくるので、映画でも一部は表現しようとしました。原作があるものなので、原作と根本的に違うものになってはいけないという思いがあります」

Q.松坂さんはオファーでしょうか、それともオーディションでしょうか。

白石監督「企画の段階で『宇相吹は松坂さんがピッタリ』ということで、松坂さん前提で企画があり、私も松坂さんと仕事がしてみたかったので快諾しました」

Q.松坂さんの印象はどうでしたか。

白石監督「とにかく好青年で真面目でユーモアがあって、人間として非の打ち所がない人でした。芝居も素晴らしく、バランスの取れた役者さんだと思います」

Q.沢尻さんの印象はいかがでしょうか。

白石監督「いつもにこやかに作り手の思いをくんでくれ、作り手に寄り添った芝居をしてくれる役者さんです。愛嬌があり、壁もなく接してくれて、現場でもみんなに好かれていました。もしも次に仕事をする機会があれば、彼女の素の部分を反映したかわいい無邪気な役をオファーしたいです。自然なかわいさのある役を演じてほしいです」

1 2