オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

森七菜、愛らしさで女性も骨抜きにする19歳の魅力 勝ち気キャラの笑顔に真価

勝ち気なキャラだからこそ胸キュン

 森さんが演じるキャラクターに共通点として挙げられるのは、どこか彼女のイメージと反して勝ち気なところ。「エール」の梅は人見知りで、出会ったばかりの頃、五郎や主人公・裕一(窪田正孝さん)に対しても冷たい視線を送っていましたが、今回の「この恋あたためますか」でも、樹木はがさつで、中村倫也さん演じる恋のお相手(?)にも態度の悪さ全開です。

 そんな姿を見て、2000年代にドラマ「キッズ・ウォー~ざけんなよ~」(TBS系)や「花より男子」(同)で気が強い女の子の代表的存在だった井上真央さんをほうふつとした方も多かったようです。

 ちょっと乱暴で生意気なキャラクターは最初こそ、視聴者に抵抗感を与えますが、回を追うごとに素直になっていく姿に思わず心を奪われます。特にブスッとした顔から満面の笑みになる瞬間は胸キュン必至。

「この恋あたためますか」もまだ始まったばかりですが、中村さん演じるコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長とコンビニスイーツを作ることになった樹木がオフィスに入るときに見せた笑顔は、もん絶するかわいさでした。そのギャップを森さんはいわゆる少女漫画のような非現実感を見せることなく、あくまでもごく普通な女の子として体現しています。

 芸歴4年目、わずか19歳という若さでスター街道に登り詰めた森さん。今後のエンタメ界をけん引する次世代の若手女優として名が挙がる彼女から目が離せません。

(ライター 苫とり子)

1 2

苫とり子(とま・とりこ)

エンタメ系ライター

1995年、岡山県生まれ。東京在住。学生時代に演劇や歌のレッスンを受け、小劇場の舞台に出演。IT企業でOLを務めた後、フリーライターに転身。現在は「Real Sound」「AM(アム)」「Recgame」「アーバンライフメトロ」などに、エンタメ系コラムやインタビュー記事、イベントレポートなどを寄稿している。

コメント