オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

金子ノブアキが語る“斎藤工” 「反骨心がチリチリ」「最後は映画を作っている」

映画「MANRIKI」で音楽プロデューサーを務める金子ノブアキさんに、参加の経緯や曲作りなどについて聞きました。

金子ノブアキさん
金子ノブアキさん

 俳優でミュージシャンの金子ノブアキさんが音楽プロデューサーを務める映画「MANRIKI」。同作は、美しい整顔師(斎藤工さん)が経営する美容クリニックは、猟奇的な哲学と万力による小顔矯正施術を行っています。ある日、整顔師は場末の街で美人局(つつもたせ)に遭遇する…お笑い芸人・永野さんの原案・原作をベースに映画化した作品です。

 オトナンサー編集部では、金子さんに単独インタビューを実施。参加の経緯や、映画の曲作り、斎藤さんとの仕事などについて聞きました。

ゲラゲラ笑いながらの楽しい現場

Q.作品への参加の経緯を教えてください。

金子さん(以下敬称略)「僕がチーム万力に参加したのは一番最後で、斎藤工君と清水康彦監督と永野さんの3人が最初に集まっていました。1~2年前から映画を作ると聞いていましたが、苦戦しているようでなかなか始まらず、そんな中で打ち合わせになり、呼んでもらいました。打ち合わせ後に映画の主題歌を作ってみんなに送ったところ、徐々に動き出していきましたね」

Q.曲は脚本を読まずに作られたのでしょうか。

金子「読みました。最終的には最初と全然違う内容になっていましたが(笑)でも、大きなテーマは変わっていません。『音』で遊ぼうと思って作りましたね。劇場用音楽というより、チームのみんなをたきつけるためという側面もありました。

『かっこいい曲作ったから、映画もかっこよく作ろう』と彼らに伝えました。永野さんは基本的にパンクス、ハードコアパンクだし、インテリなんですよ。だから、こういう映画が出来上がったと思うし、曲もそういう部分を反映してます」

Q.タイトルにもなっていますが、「万力」のイメージを教えてください。

金子「テンサウザンドパワーですからね。かっこいい名前だと思いました。でも、アメリカに持っていくときのタイトルは『vise』で、なんで変えたんだろうと思いましたね(笑)」

Q.斎藤さんと何度も仕事をされています。

金子「出身地域が同じなんですが、仲良くなったのは大人になってからですね。何となく知ってはいました。彼が最後に何をしているんだろうと想像すると、やっぱり映画を作っているんだろうなと思います。映画が好きなんですよ。

反骨心がチリチリ燃えている人だから、しっかりオーバーグラウンドの仕事をしながら、映画製作もしている。彼を見ていると、彼の炎が一番燃えているのは映画を作っているときだと感じます。そばにいるのは楽しいですね」

Q.俳優の現場と音楽の現場、どちらが楽しいですか。

金子「俳優の現場は監督にお渡しして、オンエアまでどうなるか分からないので、恐怖もあります。でも、『こんなふうになったんだ!』と思うこともよくあって、みんなで作っているという空気感が好きです。音楽に関しては、曲を作るのもバンド活動もライブも、もちろん好きです。やはり、ライブハウスでの盛り上がりを超えるものはないですね」

Q.現場の雰囲気はいかがでしたか。

金子「楽しかったですよ。ゲラゲラ笑いながら作っていました。清水監督が集めたスタッフさんも素晴らしかったです。僕は、この映画は俯瞰(ふかん)した立場で関わった作品だと思っていて、チーム万力の一員として次回作も考えていきたいですね。そろそろ、みんなをたきつけるタイミングかなと思っています(笑)」

 映画「MANRIKI」は11月29日から全国公開。

(オトナンサー編集部)

金子ノブアキさんの「サイン入りチェキ」プレゼント企画

【応募要項】
・応募期間:19年12月5日23:59まで
・当選人数:1名様

【応募方法】
1.オトナンサー編集部のツイッター(@otonanswer)をフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、オトナンサー編集部のツイッターからダイレクトメッセージをお送りします。送付先情報(住所、氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後、72時間以内にご連絡のない場合は当選を無効とします。あらかじめご了承ください。

【キャンペーン規約】
・発送は日本国内に限ります。
・第三者への転売、オークションへの出品は固くお断りします。
・商品の不具合、破損に関する責任は一切負いかねます。

コメント

1件のコメント

  1. ぜひ、たきつけて下さい(笑)
    金子くんの曲から構想とかもありかも❗😁