オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 宮野真守、苦しいときに“声優”が救ってくれた 「プリキュア」新作で敵ミデン役

宮野真守、苦しいときに“声優”が救ってくれた 「プリキュア」新作で敵ミデン役

映画「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」で、敵ミデンを演じた宮野真守さんにインタビュー。役作りやプリキュアシリーズの思い出を聞きました。

宮野真守さん
宮野真守さん

 映画「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」で、プリキュアに立ちはだかる最強の敵ミデンを演じた宮野真守さん。同作は、プリキュアの「想い出」を奪うミデンにより、プリキュアオールスターズが小さな姿にされてしまいます。残ったキュアエールとキュアブラックで「想い出」を取り戻すために立ち上がる、2年半ぶりに歴代55人のプリキュアオールスターズが登場する15周年記念作品です。

 オトナンサー編集部では、宮野さんにインタビューを実施。役作りやプリキュアシリーズの思い出、プリキュアの口癖などについて聞きました。

15年前に見た「ふたりはプリキュア」

Q.プリキュア初出演の感想をお願いします。

宮野さん(以下敬称略)「15年前に『ふたりはプリキュア』が始まったとき、僕も楽しく見させていただいていました。15周年記念作品に出られてとてもうれしかったです」

Q.ミデンのビジュアルを見たときの印象はいかがでしたか。

宮野「初めは『これ僕がやるの?』と思いました(笑)あまりにも見た目がかわいらしくて、自分の声がこのキャラから出るところが想像できなかったです。ただ、キャラの成り立ちを聞いたら、『なるほど』と。キャラに寄り添って演じることでできるアプローチがあると思わせていただいたので、魅力的に演じられるように臨みました」

Q.ミデンの役作りはどのようにされましたか。

宮野「台本を読ませていただき、ミデンの成り立ちが今回の映画の根幹を担っていると思ったので、ミデンの苦しい思いや悲しい思い、欲求をしっかり表現できるよう本気で向かいました」

Q.ミデンの複雑な思いを演じるときに気をつけたところは。

宮野「役を頂いたときは、その役の一番の味方でありたいと思っています。そのキャラの本質や目的をしっかり僕の感情で表現したいと。プリキュアに立ちはだかる敵だからといって『敵』のお芝居をするのではなく、なぜミデンが苦しいのか、寂しいのかをしっかり膨らませたいと思いました」

Q.映画をご覧になった感想をお願いします。

宮野「完成されたものを見たら、『すっごい怖いじゃん、ミデン』と思いました(笑)子どもがトラウマになるのではないかと(笑)同時に、映像や音の力、周りのキャラの思いがとても感動的で、最高のエンターテインメントだなと思いました。55人の歴代プリキュアが勢ぞろいするわけですが、CGを駆使するなど、映像の作り方の移り変わりも感じて、今だからできる作品なんだと感じました」

Q.プリキュアの口癖や技を吸収して使うキャラでしたが、どんなことを意識されましたか。

宮野「各キャラの言い回しなども大事にしたいと思いましたし、反映させてほしいという演出部の意向もありました。ミデンが自分になかったものを手に入れてハッピーになっている、そういう気持ちで臨めばいいなと思いました」

Q.現場で面白かったエピソードがあれば教えてください。

宮野「はぐプリチームの『想い出』を奪ったとき、ミデンが喜びのセリフを言うところがあり、『ここはマシェリ、ここはエトワール、と1行ずつ違うキャラで』と言われ、頑張って雰囲気を変えて言いました(笑)」

Q.テーマが深く、大人も楽しめる話になっていると感じました。

宮野「映像美もそうだし、深いテーマもしっかり描いているので、大人も考えさせられる部分が大きいのではないかと思います」

Q.声優をする上で支えとなっている、キラキラした思い出はありますか。

宮野「声優をやらせていただいたこと自体がキラキラした思い出です。今まで、うまくいかないことや劣等感を抱く時期もありました。苦しい感情にもなったりして、そういう時に声優のお仕事に救っていただいたので、その記憶はなくしたくないですね」

Q.今後、演じてみたい役はありますか。

宮野「ありがたいことに年齢も重ねてきたので、ナイスミドルな役もできるようになりたいですね(笑)」

 映画「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は公開中。

(オトナンサー編集部)

コメント