オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 役所広司「男たちよ、劇場に来い!」 映画「孤狼の血」ポスター&コメント到着

役所広司「男たちよ、劇場に来い!」 映画「孤狼の血」ポスター&コメント到着

5月12日公開の映画「孤狼の血」のポスタービジュアルが解禁。役所広司さん、松坂桃李さん、真木よう子さんのコメントも届きました。

映画「孤狼の血」ポスタービジュアル(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 5月12日公開の映画「孤狼の血」のポスタービジュアルが解禁されました。キャストの役所広司さん、松坂桃李さんらが白黒で映し出され「警察じゃけぇ、何してもええんじゃ」という、悪徳警官を思わせる劇中のセリフがコピーに使われています。解禁にあたって、役所さん、松坂さん、真木よう子さんのコメントも届きました。

 同作は、柚月裕子さんの同名小説を映画化。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島で、所轄署配属の日岡秀一(松坂さん)は、暴力団との癒着がうわさされる刑事・大上章吾(役所さん)とともに金融会社社員失踪事件を担当します。大上の捜査に戸惑い、呆れる日岡ですが、日に日に暴力団同士の抗争が激しくなっていき……。

 役所さん、松坂さん、真木さんのコメントは次の通りです。

<役所広司さん>

ダーティーな刑事としてヤクザと警察の間を奔走する大上の存在は、汚れた世の中のゆがみの象徴なのかもしれません。このご時世にこんな男臭い映画を作る。かつて男たちは、こうした映画を劇場で見ると感化され、怒り肩で風を切るように街へ出て行ったものです。久々にそんな魅力を持った作品が誕生しました。だから「男たちよ、劇場に来い!」。そう願います。

<松坂桃李さん>

日岡は自分なりの正義を抱いて大上の後をついていきます。上司と部下というコンビは徐々にバディーであり、師や父のような関係性へと変わっていき、それに伴って日岡の正義も形を変えていきます。男であれば、誰もが多かれ少なかれ大上の正義に憧れる瞬間があると思います。劇場の暗闇で血湧き肉踊るたくさんの“悪い事”が起こります。「自分の正義を貫くとは?」。それを観客へ問いかける、あっという間の約2時間です。

<真木よう子さん>

里佳子はクラブのママという顔を通して呉原の裏世界に関わっています。そんな女性を演じるためには、ナンバーワンホステスとして所作やしゃべりを身につけなくてはと、自分なりに予習を積みました。私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ見ていただきたいですね。

(オトナンサー編集部)