オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

不妊、老後不安、介護…「熟年再婚」の落とし穴を経験した3人の男性たち

「熟年再婚」には、心の隙間を埋めるメリットがある一方、老後資金不足や親の介護などのデメリットもあります。

「熟年再婚」にはさまざまな問題が伴う?
「熟年再婚」にはさまざまな問題が伴う?

 筆者は過去15年にわたり、1万件以上の夫婦の相談を受け持ってきましたが、相談者の気持ちが最優先。筆者の意見は二の次です。正直、「やめておいた方がいいんじゃないか」と内心思うことは多々ありますが、胸の内にとどめ、口にすることは多くありません。特にそう思う典型例は「熟年再婚」。今回は55歳以上を「熟年」としますが、「なんで、この年で籍を入れるのだろう」と首をかしげるばかりです。

 人の気持ちは目に見えないので理解に苦しみます。主な相談者は男性ですが、熟年再婚のメリットはせいぜい、寂しい心を埋めてくれることくらい。一方のデメリットは、果てしなく続く不妊治療、離婚ですべて失ったせいで不足する老後資金、そして、自分だけでなく相手の親の介護…損得両方が内在するので熟年再婚の評価は難しいのが実際です。

 これらの問題を解消するため、前妻と向き合わざるを得ないケースもあります。そこで、今回は数字を用いた損得勘定を行い、熟年再婚を可視化することを試みました。

 まず、熟年再婚のメリットですが、1人目の相談者・品川航さん(67歳、会社役員、年収1200万円)は再婚生活について「今はとても幸せです。離婚したら人生終わりだと思っていましたが、そんなことはなかったですね。過去の経験があるので、純粋な愛を感じています」と言います。再婚後、経営する会社の業績は右肩上がり。役員報酬は離婚時より年300万円も増えたそうです。

「過去の結婚や離婚で本当に多くのことを学びました。離婚なんてマイナスばかりで無駄なエネルギーを使うだけだと思っていましたが、そのときの経験が仕事に役立っています。離婚の経験から、トラブルの本質を理解することができたので、仕事での危機察知能力が高まったと実感しています。以前より、自分にも他人にも随分寛容になったと思います。『一人では何もできない』と悟ることができたのは大きかったですね」

 航さんは感慨深そうに語ってくれました。

 次に熟年再婚のデメリットですが、これはいや応なしに前妻と向き合わざるを得ないことです。再婚の場合、やはり愛より金です。愛があろうと金がなければ彼女をものにできません。2人目は、不妊治療の資金で悩む鶴見健司さん(56歳、会社員、年収550万円)です。

「お恥ずかしい話ですが…すでに財布がカツカツで毎月の支払いが苦しいんです。今回の体外受精ですが当初、医療費は30万円ほどだと聞いていました。しかし、ふたを開けたら足が出ており、38万円もかかってしまいました」

 そんなふうに苦しい胸の内を吐露してくれた健司さん。7年前に前妻と離婚し、前妻が当時13歳の息子さんを引き取り、現在まで毎月8万円の養育費を支払い続けてきました。健司さんは昨年、交際していた彼女と再婚。お互いに子どもを望んでいたのですが、健司さんはすでに56歳と決して若くありません。自然な形で授かることができず、やむを得ず不妊治療に踏み切ったのです。

 しかし、体外受精の準備として薬代、注射代、入院費として約38万円が発生したそう。さらに、運よく妊娠判定が出た後も、妻はホルモン投与を続けなければならないようで、薬代が毎月2万5000円かかります。

「正直なところ、僕にとっては厳しい金額なんです」

 健司さん夫婦は治療を始めて今年で3年目。1年目は15万円、2年目は13万円、そして、3年目は病院へ変更したため、再度、一通りの検査が必要になったので18万円…すでに、84万円を負担していました。

1 2 3 4 5

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント