オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

山田裕貴、神木隆之介、福原遥、松重豊…“令和時代”最もテレビドラマに出演した俳優は?

ニホンモニターが、令和元年5月1日~令和5年12月31日までにテレビ番組に出演した俳優やタレントのデータを基にした「令和タレント番組出演本数ランキング」を紹介。「オードリー」の春日俊彰さんと「博多華丸・大吉」の博多大吉さんを上回った1位は?

山田裕貴さん
山田裕貴さん

 ニホンモニター(東京都港区)が、令和元(2019)年5月1日~令和5(2023)年12月31日までのテレビドラマの出演実績を基にした「令和タレントテレビドラマ出演本数ランキング」を発表しました。

 ランキングは、同期間に、NHK総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの6局を対象に、作品数ではなく「出演した話毎」に集計。再放送、総集編、番組宣伝の出演は除いています。

 第3位は、俳優の松重豊さんで、218本。第2位は、俳優の野間口徹さんで、238本。第1位は俳優の山田裕貴さんで、274本という結果でした。

(オトナンサー編集部)

【1~20位】公開! 朝ドラ出演の神木隆之介、福原遥は何位に? 予想外の結果をチェック!

画像ギャラリー

コメント