オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「離婚してよかった」9割超! その理由は? 離婚経験者1000人の「リアルな心情」

「離婚が成立するまでのリアルな心情」に関する調査結果が発表されました。離婚経験者1000人の“リアルボイス”とは…。

離婚成立後のリアルな心境とは?
離婚成立後のリアルな心境とは?

 人生100年時代といわれる長い人生。さまざまな選択を迫られることがありますが、「離婚」もその一つでしょう。そんな「離婚」について、一般社団法人クオーレ(東京都台東区)が2022年6月に実施した、「離婚が成立するまでのリアルな心情」に関する調査結果を発表しました。

離婚を「後悔している」人は少数

「結婚生活に不満が出てきたのは、何年目からか」と聞いたところ、「10年以降」(24.0%)が最多という結果に。以下、「1年未満」(20.1%)、「1年~2年未満」(13.4%)、「2年~3年未満」(13.0%)と続き、1年未満や3年未満で不満が出てきた人も比較的多いことが分かります。

「結婚後、夫婦の間柄でどのような不一致を感じたか」については、「価値観」(61.3%)と回答した人が最も多く、次いで「金銭感覚」(50.6%)、「性格」(41.7%)と続いています。6割以上の人が、夫婦間の価値観についてズレを感じたようです。一方、「特に不一致は感じない」と回答したのは6.2%と少数でした。

 いよいよ離婚という運びとなるまで、夫婦がどう過ごしていたのかも気になるところ。「離婚が成立するまでに別居はしていたか」と聞くと、「はい」が56.8%、「いいえ」が43.2%という結果となりました。離婚が成立するまでは同居していた夫婦も少なくはないようです。

 また、「離婚してよかったと思うか」については、「とてもよかったと思う」(52.1%)、「まあよかったと思う」(39.0%)となり、全体で9割を超える人が「離婚してよかった」と感じているようです。一方、「後悔している」と回答した人は8.9%でした。

「離婚してよかった」人に理由を聞いたところ、「自分の人生を楽しめるようになった」(73.2%)と答えた人が最も多い結果に。続いて「恐怖や我慢の生活から解放された」(39.5%)、「仕事や趣味などの余裕が生まれた」(29.5%)、「子どもに笑顔が増えた」(20.5%)という声が挙がっています。「再婚して幸せになれた」人も4.3%いました。

 調査は、離婚した経験がある30~60代の男女を対象に、インターネットリサーチで実施。1015人(男性509人、女性506人)から回答を得たものです。

 この結果を受けて、同社は「離婚によって新しい生活をスタートするのもまた、有意義な人生を送るために必要な選択なのかもしれない」「離婚を選ぶにせよ、夫婦関係を修復するにせよ、行動に移すことで、今の生活のまま続けているよりも人生を楽しめるようになるのではないか」とコメントしています。

(オトナンサー編集部)

【まさかの結果】「DV・モラハラを受けた」女性の割合が衝撃的すぎる!

画像ギャラリー

コメント