オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

佐々木希、濱田岳、西島秀俊…朝ドラ&テレ東ドラマ“二刀流”ブームの謎

NHKの夜ドラにも注目

 ところで、テレ東ドラマと攻めの姿勢が似ているのが、NHKの夜ドラです。オタク系腐女子やコミュ障、LGBTといった題材にいち早く着目して、話題作を送り出してきました。

 例えば、昨年11月から今年の1月まで放送された「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」(NHKBSプレミアム)は、犯罪者の社会復帰がテーマ。このドラマと朝ドラ「カムカム」でも、実は興味深い二刀流状態が起きました。

 村田雄浩さんと濱田マリさんが、どちらにも夫婦役で出演していたのです。「カムカム」ではクリーニング店、「生きて、ふたたび」ではレストランを営んでいて、ともに他人だった女性の面倒を見る役どころです。

 つまり、両作の制作者がたまたま、「似合いの夫婦」としてこの2人をキャスティングしたわけです。オファーを受ける側は、時期が重なることに気付いたかもしれませんが、同じNHKのドラマで、なおかつ、朝ドラと夜ドラとでは注目度も違うため、気軽に応じたとも想像できます。

 そういう意味で、テレ東も他の民放局よりは、気軽に掛け持ちができるはず。もしかしたら、朝ドラとテレ東ドラマの間でも、そのうち、こんな丸かぶり的な“二刀流”が見られるかもしれません。

(作家・芸能評論家 宝泉薫)

1 2

宝泉薫(ほうせん・かおる)

作家、芸能評論家

1964年岐阜県生まれ。岩手県在住。早大除籍後「よい子の歌謡曲」「週刊明星」「宝島30」「噂の真相」「サイゾー」などに執筆する。近著に「平成の死 追悼は生きる糧」(KKベストセラーズ)、「平成『一発屋』見聞録」(言視舎)、「あのアイドルがなぜヌードに」(文春ムック)など。

コメント