オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

白石聖「つかさみたいな役はなかなかできない」 諦めない気持ちに共感

映画「胸が鳴るのは君のせい」でヒロインを務める白石聖さんに、原作の感想や出演したいと思った理由などを聞きました。

白石聖さん
白石聖さん

 映画「胸が鳴るのは君のせい」でヒロインを務める女優の白石聖さん。同作は、明るく、しっかり者で何事にも一生懸命な女子高生の篠原つかさ(白石さん)が、親友のように仲がいいクラスメートの有馬(浮所飛貴さん)に告白しますが、振られてしまいます。告白後も変わることなく、優しく接してくれる有馬をいちずに思い続けると、つかさは決意しますが…紺野りささんの同名コミックの映画化です。

 オトナンサー編集部では、白石さんにインタビューを実施。原作の感想や出演したいと思った理由などを聞きました。

振られても頑張るけなげな姿

Q.原作の感想をお願いします。

白石さん(以下敬称略)「お話を頂く前に原作を読んでいて、今回改めて読み返しました。有馬がすごくカッコよくて、つかさの気持ちが分かりました。振られても頑張るつかさのけなげな姿は応援したくなるヒロインで、どうなるかワクワクしながら読んでいました」

Q.この作品に出たいと思った理由を教えてください。

白石「年齢的なこともありますし、つかさみたいな役はなかなかできないかなと思いました。他のキャラクターも魅力的で、全員に共感できました。つかさの、振られても全然めげないところが、けなげで応援したくなりました」

Q.つかさに共感できるところはありましたか。

白石「振られても諦められないという気持ちは誰もが共感できると思います。胸キュンシーンに目がいきがちですが、普段から、有馬は優しくて、そういうところも好きになると共感しました」

Q.つかさを演じる上で意識したこと、気を付けたことはありますか。

白石「出させていただく作品は冷たい役が多く、天真らんまんな役はあまりありません。予告にもあるのですが、つかさが『私、諦めないから』と有馬に言った後にスキップして帰っていくシーンはお気に入りです。台本には走って帰ると書いてあるだけでしたが、何気ないところでも、詰め込めそうなものがあれば詰め込もうと思っていました」

Q.有馬は女性から見ていかがですか。

白石「原作の有馬はカッコよくて好きになるなと思いましたが、身近にいたら、思わせぶりな態度はやめてほしいかもしれません(笑)私は振られたら諦めると思います」

Q.今回、一番の挑戦を教えてください。

白石「いろいろな現場で経験したことを生かしつつ、新鮮さを保つことです。応援したくなるヒロインを演じることが課題で、見てくださる方が共感できないと胸キュンもしないと思うので、見てくださる方が共感できるように頑張りました」

Q.高校時代はどんな生徒でしたか。

白石「落ち着いていると言われていました。仕事を始めてからは、もっと明るくと言われることが多かったです。私の周りも同じようなテンションの子が多くて、暗いわけではないのですが、落ち着いていると思われていました。私自身はあまり落ち着いているとは思っていませんが(笑)友達と一緒にお昼を食べて、一緒に授業を受けて、遊びに行っていた日々が楽しかったんだなと卒業してから思いました」

Q.理想の女優像を教えてください。

白石「いろいろな役ができる方はすてきだなと思っています。人によって、ハマり役やイメージは付きますが、新鮮味を持ちながら、役と向き合っていきたいと思います」

Q.普段、リフレッシュにしていることはありますか。

白石「猫を飼っているので、家に帰って寝ている姿を見ると疲れが吹っ飛びます。猫はいるだけで癒やされます」

 映画「胸が鳴るのは君のせい」は6月4日から全国公開。

(オトナンサー編集部)

白石聖さんの「サイン入りチェキ」プレゼント企画

【応募要項】
・応募期間:2021年6月8日23:59まで
・当選人数:1名さま

【応募方法】
1.オトナンサー編集部のツイッター(@otonanswer)をフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、オトナンサー編集部のツイッターからダイレクトメッセージをお送りします。送付先情報(住所、氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後、72時間以内にご連絡のない場合は当選を無効とします。あらかじめご了承ください。

【キャンペーン規約】
・発送は日本国内に限ります。
・第三者への転売、オークションへの出品は固くお断りします。
・商品の不具合、破損に関する責任は一切負いかねます。

コメント