オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小池徹平、父になって見えた新しい景色 仕事をする上で、意識に変化は?

父親になった2日後にクランクイン

Q.「リカ」の撮影は大変だったのでは。

小池「実は子どもが生まれて2日後に『リカ』のクランクインだったんです。撮影が終わっては病院に行っての繰り返しで、探り探りの生活でしたので、かなりバタバタしていましたね」

Q.小池さんが「リカ」で演じる大矢は、優柔不断で気苦労が絶えないキャラクターです。

小池「大矢は癖のあるキャラクターではないのですが、暴れ回るリカに対する受け芝居で、ご覧になっている皆さんと同じ視点や気持ちになって、役を動かしていく感じでした。大矢が抱える気持ちを分かりやすく表現することを大切にさせていただきました。爽やかでしっかり者の好青年という、いわゆる“いい人”を演じられるように徹底しました」

Q.演じる上で難しかったところは。

小池「リカに追い込まれていく感情の切り替えです。最初は普通に接していて、次第に不審に感じ、恐怖を覚えていくという感情の変化を丁寧に演じるようにしました。1日でいろいろなシチュエーションを撮ることもあったので、現場で監督と密に相談しながら撮影しました」

Q.“純愛モンスター”リカが暗躍するサイコスリラー作品です。最後に見どころを。

小池「リカは次々と人を殺していきます。自分がロックオンした人と結婚できればそれでいいという執着心や、一見、普通の女性というところも非常に怖いです。1部と2部に別れていて全然違うタイプの話ですし、放送を重ねるごとに恐ろしさを増していく展開です。『ここまでやっていいの?』というくらい過激でサイコパシーな部分が描かれています。特に、ホラー好きの方には楽しんでもらえるはずです」

 オトナの土ドラ「リカ」は、五十嵐貴久さんの同名小説を実写化したサイコスリラー。高岡早紀さん演じる雨宮リカは、結婚相手を求め狂気のストーカーとなる“自称28歳”の女性で、第1部で小池さん、第2部では大谷亮平さんが、そのターゲット役となります。

(オトナンサー編集部)

小池徹平さんの「サイン入りチェキ」プレゼント企画

【応募要項】
・応募期間:2019年10月19日23:59まで
・当選人数:3名様

【応募方法】
1.オトナンサー編集部のツイッター(@otonanswer)をフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、オトナンサー編集部のツイッターからダイレクトメッセージをお送りいたします。送付先情報(住所、氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後、72時間以内にご連絡のない場合は当選を無効とします。あらかじめご了承ください。

【キャンペーン規約】
・発送は日本国内に限ります。
・第三者への転売、オークションへの出品は固くお断りします。
・商品の不具合、破損に関する責任は一切負いかねます。

1 2

コメント