オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

新卒採用は究極の「ステマ」であり「詭弁」 学生諸君に内定あらんことを!!

ESが読まれない理由を客観視する

 人気企業であれば、数万人程度のエントリーが殺到します。採用数にかかわらず、人事担当者は数名体制が一般的です。仮に2名体制として、1万人のESを読み込むのにどの程度の時間がかかるのでしょうか。試算してみましょう。

 1枚を約2分と仮定しましょう。読んだ後に採点を1分として合計3分。1時間でこなせるのは20枚程度です。1日の実働を8時間として考えて160枚。1万人のESを採点するのに63日かかることになります。1カ月の稼働を20日とすると、ざっと3カ月かかります。2名体制でこなしたとしても1カ月半はかかります。

 結局、全てのESを読むことは非効率ですから、学歴フィルターでスクリーニングしなければ、採用担当者は対応できません。ESに時間をかけることは極めて非効率なのです。

 なぜ、これらの事実を企業は明らかにしないのでしょうか。学生は企業にとって大切なお客様だからです。自社の商品を買っていただけるお客様に、失礼な対応はできないものです。仮に不合格になったとしても、ネガティブな印象を持つことなくフェーズアウトしてもらうことが求められます。そのためには厳選採用を演出しなくてはいけません。

 また、学生にとって身近な存在である「就職ナビ」は、申し込み企業が掲載料を支払い、情報を掲載しています。学生と企業をマッチングする存在ではありませんから、申し込み企業にとって不要な情報を公開することはしないでしょう。

就活の「ステマ」に気をつけろ

 新卒採用には道義的な問題が存在します。いわゆる「ステマ」です。ステマが目につくのは、何も通販やネット商材の世界だけではありません。就活におけるステマが増えているように思います。例えば、就活レポートなどがそれに該当します。

 人気企業ランキングなどはその代表的なものです。ソースを見ると、自社サイトの登録者に対してリサーチをかけたとありますが、個人情報保護の観点から本人確認ができないので、ソースを信頼することはできません。レポートを読むと、自社のサービスを利用しているお客様が上位にランキングされていることがよくあります。

 以前、就活事業を展開している数社に対して、レポートに明らかな疑問があったので、質問をしたことがあります。「ソースは何ですか? 有意性分析はされていますか?」。運良く数社の担当者と話せましたが、有意性分析などは実施されていませんでした。

 もはや、建前ではなく本音の議論が必要ではないでしょうか。

 さて、今回のおさらいをしましょう。

(1)企業は片っ端からエントリーすること
(2)ESはコピペすること
(3)新卒採用はステマだと理解すること

 情報を十分に精査して就活に挑んでください。あなたの成功を祈っています。

(コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之)

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント