オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

お友達“うちはパパが怖い” 娘“うちはママが…”言いかけて修正した5歳児の忖度が「かわいい」

娘と習い事に行ったときの出来事を描いた漫画が話題に。空手道場に入りたての娘とともに昇級試験の見学に来た母親。休憩時間になって…。

娘と習い事に行ったときの出来事を描いた漫画のカット=うにわさび(unifamily_uni)さん提供
娘と習い事に行ったときの出来事を描いた漫画のカット=うにわさび(unifamily_uni)さん提供

 娘と習い事に行ったときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、空手道場に入りたての娘(5歳)とともに昇級試験の見学に来た母親。休憩時間になって、娘が一緒に見学に来ていたお友達とお互いの両親について話していたところ…という内容で「かわいい」「気を使える5歳児」「ベスト忖度(そんたく)賞」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

年長になってからの成長に感動

 この漫画を描いたのは、会社員のうにわさび(ペンネーム)さん(34)です。インスタグラムブログ「うにわさブログ」では家族の話を中心に、日常で起こったさまざまな出来事を漫画にして発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

うにわさびさん「娘を妊娠した頃から、過去の出来事や育児の中で形に残したい出来事を漫画にしたいと考えており、昨年4月ごろにコロナ禍で職場復帰が延びたタイミングでスタートしました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

うにわさびさん「日々、娘の発言に驚いたり、笑わせてもらったりしています。娘が自分で考えて、人間関係を構築している姿にかわいさと成長を感じ、形に残したいと思いました!」

Q.空手道場に通うことは娘さんが希望したのですか。

うにわさびさん「本人の希望です。4歳のときから、コナンの蘭ねえちゃんに憧れて空手を習いたがっていました。5歳になってもやりたいという気持ちが変わらなかったので、習わせることにしました」

Q.5歳児とは思えない発言ですね。普段から、気を使える子なのでしょうか。

うにわさびさん「あまり気遣いをするタイプではないと思いますが、年長さんになってから、失礼なことを言うのはNGだということを知ったようで、このときの忖度にも成長を感じました」

Q.「鬼」と言いかけましたね(笑)この後、娘さんとどんな会話をしましたか。

うにわさびさん「『鬼って言おうとしたでしょ? ママ、怖い自覚あるから怒らないよ。気を使ってくれてありがとう』と声をかけました。娘はちょっと照れた感じで『えへへー。けど、鬼のママも好きだよ』と言ってくれました」

Q.将来、どんな子に育ってほしいですか。

うにわさびさん「どんな人になるかは娘の判断に任せたいと思っているので、私は娘が心身ともに健康でいられるように子育てを頑張りたいと思っています!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

うにわさびさん「鬼と言わせてしまう育て方に厳しいご意見を頂くかもと覚悟していましたが、『優しい子になっていますね』『かわいいです』など皆さん、優しくて、うれしいコメントをたくさん頂きました。ありがたいです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

うにわさびさん「内容に関しては、このアカウントで現在の生活を切り取って形にしていきたいです。あと、絵本が好きなので、子どもたちのために自作の絵本作りにも挑戦したいです。見てくださっている皆さまにも、お見せする機会が設けられたらいいなと思っています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント