• HOME
  • あの有名店「肉山」がハムカツカレーを出していた DIESELのカフェ&バーで1日30食

あの有名店「肉山」がハムカツカレーを出していた DIESELのカフェ&バーで1日30食

肉好きの間で有名な東京・吉祥寺の「肉山」。予約を取るのが超困難なことでも知られる同店ですが、ファッションブランド「DIESEL」が手がけるカフェでその味を楽しむことができます。12月限定の「ハムカツカレー」、そのお味は?


DIESELと肉山がコラボした「自家製ハムのハムカツカレー」:ディーゼルジャパン提供

 肉好きなら知る人ぞ知る東京・吉祥寺の名店「肉山」。炭火焼きした塊肉をスライスして提供するスタイルが特徴ですが、その人気ゆえ、予約を取るのが“超絶”困難なことでも知られます。まれにキャンセルがあっても、情報がSNSで流れた瞬間に埋まってしまうほどの人気ぶりだとか。

 こうした理由から、今まで肉山の味を楽しめなかった人には朗報です。

3日間マリネした自家製ハムのカツカレー

 ファッションブランド「DIESEL」が手がけるカフェ&バー「グロリアスチェーンカフェ」(東京・渋谷、大阪・心斎橋)と肉山とのコラボレーションがこのほど実現、12月1日~31日の期間限定で「自家製ハムのハムカツカレー」(1080円)を提供しています。


東京・渋谷のグロリアスチェーンカフェ店内:ディーゼルジャパン提供

 これは、肉山の人気メニューであるカレーに、グロリアスチェーンカフェの自家製ハムをトッピングしたもの。ボリューミーなハムカツは、豚ロースを3日間マリネした自家製ハムを特製パン粉で揚げた「ジューシーな味わい」で、なんと1日30食限定(予約不可)の早い者勝ちです。

 同カフェは「赤身肉と牛すじたっぷりの肉山カレーに、自家製ハムで作ったハムカツが加わり、インパクト大の仕上がりに。ここでしか体験できない味を楽しんでください」としています。

 同カフェの担当者によると、渋谷、心斎橋ともランチの時間帯には完売していることが多いそう。このカレーが目的でオープン時間に合わせて来る人もいるほどだとか。確実に食べたい人はランチタイム前に行くのがよさそうです。

(オトナンサー編集部)