オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

池田エライザ、演じたい漫画キャラ問われ「『進撃の巨人』のような大作アクションに…」

池田エライザさんが、都内で行われた「みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2019」授賞式にゲストとして出席。漫画への愛を語りました。

池田エライザさん
池田エライザさん

 女優の池田エライザさんが1月23日、都内で行われた「みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2019」授賞式にゲストとして出席。「『進撃の巨人』のような大作に呼んでいただけるように精進します」とコメントし、漫画への愛を語りました。

 漫画原作のドラマや映画に数多く出演する池田さんは、役作りについて「原作ファンの方が抱いている理想像に、私だったらどういうアプローチができるのか、自分なりにリスペクトを込めています」とし、「原作ファンも、原作を知らない人も楽しめるよう、配慮するようにしています」と信念を明かしました。

 さらに、原作となる漫画は必ず読むといい、「アニメ化されていたら、アニメも見ます。読者が原作の何が好きか知るためにファンブックも読んで、私もファンとしてほれ込みながら作品に臨みます」とこだわりを語りました。

 自身にとって漫画は「師匠です」といい、「ふと手にした漫画に、いつの間にかのめり込んで、何日間もドキドキしていたり、固定概念から開放されたり…。そういう出会いや軌跡があります」と熱弁しました。

「演じてみたい漫画のキャラ」を問われると、「アクションを演じたことがないので、『進撃の巨人』のような大作のアクションに呼んでいただけるように精進します」と目標を掲げました。

 同企画は、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」が、電子コミック市場のさらなる発展と電子書籍利用の促進を目的に実施。大賞には「LV999の村人」が輝き、男性部門は「ゆうべはお楽しみでしたね」「鬼を飼う」、女性部門は「この男は人生最大の過ちです」「蒼竜の側用人」がそれぞれ受賞しました。

 この日は、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉さんと、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんも出席しました。

(オトナンサー編集部)

コメント