オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • YouTuber「宣伝するから無料で泊めて」騒動…ホテル側が“宣伝費”528万ユーロ請求? Tシャツ販売も

YouTuber「宣伝するから無料で泊めて」騒動…ホテル側が“宣伝費”528万ユーロ請求? Tシャツ販売も

ユーチューバーのエル・ダービーさんがアイルランドのホテルに対し「宣伝する代わりに無料で宿泊させてほしい」旨のメールを送った一件で、ホテル側がダービーさんを皮肉るようなTシャツを販売しました。

ホテルが販売している新商品のTシャツ(「WHITE MOOSE」ホームページより)

 登録者数9万人以上のユーチューバー、エル・ダービーさんがアイルランドのホテルに「ユーチューブとインスタグラムでホテルを宣伝するので、無料で宿泊させてほしい」という趣旨のメールを送信し、ホテル側が反発した一件。SNS上では、ホテルが先日販売を開始した、ダービーさんを皮肉るようなTシャツが話題となっています。

 この問題は、メールを送ってきたダービーさんに反発したホテルのオーナーが1月16日、メールのキャプチャー画像をホテルのフェイスブックに公開、「ソーシャルインフルエンサー様」の書き出しで「ユーチューブで取り上げてもらう代わりにあなたを無料で宿泊させたら、誰が人件費を払うのですか」と記したことが発端です。

 この投稿には否定的コメントが相次ぐとともに、ダービーさんは自身のユーチューブで「悲しい」「申し出は、ブロガーであれば普通のこと」と反論。しかし、これにホテル側が再反発し、1月17日にフェイスブックで「あるブロガーに宿泊代を支払うように求めたところ、反発を受けたので、全てのブロガーのホテルおよびカフェの利用を禁止します」と告知しました。

 その後、1月20日にはダービーさんに対する「請求書」の写真を投稿。その内容は「20カ国、114本の記事で取り上げられ4億5000万人にリーチさせた」ことの“宣伝費”として「528万9000ユーロ(税金を含む)」を請求するものでした。

 さらに、1月21日、今回の一件にちなんだ「Tシャツ」のスローガンを募集すると告知し、勝者は無料でホテルに宿泊させると発表。2日後、コンテストの結果と思われる「I GOT EXPOSED BY WHITE MOOSE(私はWHITE MOOSEによって露出された)」「I DEMANDED FREEBIES AT THE WHITE MOOSE CAFE, AND ALL I GOT WAS THIS LOUSY T-SHIRT(私はWHITE MOOSE CAFEに無料宿泊を求めましたが、手に入ったのはこのひどいTシャツだけでした)」という2種類のスローガンのTシャツが紹介されました。

 これについて、SNS上では一連の経緯を見ていた人たちから「商魂ありすぎ」「外国人のユーモア」「ちゃんとオチまでついてた」などの声が上がっています。

 オトナンサー編集部では、同ホテルに取材を申し込んでいますが1月25日現在、回答を得られていません。

(オトナンサー編集部)