オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • マスカット5個で死も…? 犬の“ブドウ中毒”について「知らなかった」「もう与えない」の声

マスカット5個で死も…? 犬の“ブドウ中毒”について「知らなかった」「もう与えない」の声

犬が一定量以上のブドウを食べると最悪の場合、死に至ることがあるという趣旨の投稿がSNS上で話題となりました。嘔吐や下痢、腹痛がその初期症状とのことです。

犬がブドウをたくさん食べると…?

 先日「犬のブドウ中毒」に関する投稿がSNS上で話題になりました。投稿者は「体重5kgの犬の場合、マスカット5個、デラウェア10個以上食べてしまうと急性腎不全を起こす」「最悪の場合2~3日後に死亡することもあるので、絶対にブドウを与えないでください」と注意喚起。初期症状は嘔吐(おうと)や下痢、腹痛による沈鬱といい「知らなかった」「うちのウサギはおいしそうに食べてたけど、もう与えないようにします」「猫はどうなんだろう」「干しブドウも危険ですか」など、さまざまな声が上がっています。

 犬にとってブドウは良くないものなのでしょうか。オトナンサー編集部では、公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)広報担当理事で獣医師の吉田尚子さんに聞きました。

国内外で中毒症状の報告例がある

Q.投稿にある量のブドウを犬が食べると、急性腎不全を起こし、2~3日後に死亡することもあるのは事実でしょうか。

吉田さん「国外にも国内にも、犬がブドウを食べた後の中毒症状に関する報告があります。食べてから数時間で嘔吐や下痢などの『食中毒症状』が見られるほか、ひどい場合は尿が出にくくなり、急性腎不全を起こして数時間以内に亡くなることもあります。ただし、同じ量を食べても中毒にならない場合もあり、食後2日以内に症状がなければ、問題にならないことが多いようです。これまでの発症例などから、投稿にあるような危険摂取量の目安もいくつか紹介されていますが、実際は幅があります」

Q.その原因やメカニズムは分かっているのですか。

吉田さん「ほかの中毒に比べて報告が少なく、原因やそのメカニズムはまだ解明されていません」

Q.レーズンを与えた場合も同様の症状が現れるのでしょうか。

吉田さん「生のブドウと同様に、レーズンそのもの、もしくはレーズンを使ったケーキやマフィンなどの加工品による中毒の報告もあります」

Q.犬以外の猫やウサギなどにとってもブドウは危険なのでしょうか。

吉田さん「詳細は分かりませんが、同じような中毒の危険性は否定できません」

Q.犬などのペットに「ブドウ中毒」と思われる症状が出た場合、どのように対処すべきですか。

吉田さん「ペットがブドウを食べてしまった場合、『この量よりも少ないから大丈夫!』とは言えないのが現状だと思います。疑わしい場合や、食後数時間以内に吐き気や下痢、尿が少ないなどの症状があれば、なるべく早く動物病院を受診してください」

(オトナンサー編集部)