オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • そうだったのか! 「ボタン」のかけ方が男女逆である理由

そうだったのか! 「ボタン」のかけ方が男女逆である理由

ジャケットやシャツなどの洋服に必ず付いているものといえば「ボタン」。しかし、その位置は、男性が自分の「右側」、女性が「左側」と、男女で逆になります。その理由とは一体何でしょうか。

ボタンの位置が男女で逆の理由とは

 普段、仕事にプライベートにと大活躍のジャケットやシャツですが、男性用は自分から見て右側にボタン、左側にボタンを通す穴「ボタンホール」があり、女性用は逆に、左側にボタン、右側にボタンホールがあります。このように、ボタンとボタンホールの位置が男女で異なるのはなぜでしょうか。

 オトナンサー編集部では、モード学園(東京・大阪・名古屋)でファッション史を教える塙恵子さんに聞きました。

欧州の上流階級に起源があるという説

 塙さんによると、古代は男女共に「一枚の布」を体に巻いたり、穴を開けてかぶったりすることで「衣服」としていたため、デザインに大きな差は見られませんでした。しかし、11~12世紀ごろから欧州の上流階級の世界で、男女の衣服に明確な違いが現れ始めます。その後、13世紀ごろにボタンが誕生したといわれています。

「当初はボタンホールがなく、装飾品として洋服のあらゆる場所に取り付けられており、多いものではフロントボタンだけで30個以上の服もあったようです。その後、装飾としてだけでなく、着装しやすさを求めた結果、ボタンホールが生まれたのではないかと考えられています。ボタンホールの細工は14世紀欧州の宮廷服が起源であるといわれています」(塙さん)

 しかし、ボタンとボタンホールが男女逆であることについては諸説あるそうです。

【欧州の上流階級説】

 14世紀ごろの欧州において、縫製に手間のかかるボタン付きの服は、上流階級の人々しか身につけられない非常に高価なものでした。当時の裕福な女性たちは自分で服を着ず、使用人に服を着せてもらうのが一般的な習慣。そこで、対面から留めやすいようにボタンが左側(男性の逆)に付けられていたという説があります。

「絵画などにも描かれているように、当時の上流階級の女性が着ていたのは華やかで複雑な洋服であり、自分で着用するのが難しかったのではないかと考えられています。ボタンが左側に付いているのは、その頃の名残であるという説です」

 なお、男性は自分で服を着ることが多かったこと、そして人口の大部分が右利きであるという想定から、着る側から見てボタンを右側に付ける形式が広がり、やがて一般化したとされています。

1 2