オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

深田恭子、タイトル間違えるも…1年ぶり連ドラ主演に「全力投球で頑張りたい」

深田恭子さんがTBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」完成披露試写会に出席。1年ぶりの連ドラ主演に、「全力投球で頑張りたい」と意気込みを語りました。

(左から)中村倫也さん、横浜流星さん、深田恭子さん、永山絢斗さん
(左から)中村倫也さん、横浜流星さん、深田恭子さん、永山絢斗さん

 女優の深田恭子さんが1月8日、都内で行われた、1月15日スタートのTBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜 後10:00)完成披露試写会に出席。タイトルを言い間違える一幕もありましたが、「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)以来1年ぶりの連ドラ主演に、「全力投球で頑張りたい」と意気込みを語りました。

 同ドラマは、持田あき氏の同名コミックが原作のラブコメディー。恋、受験、就職と、失敗続きの予備校の講師・順子(深田さん)が、タイプの違う3人の男性と繰り広げる恋愛模様を描きます。試写会には、順子に思いを寄せる3人の男性を演じる、永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんも出席しました。

 深田さん演じる順子は、鈍感で残念なアラサー女子という役どころ。順子との共通点を聞かれると、深田さんは「おっちょこちょいなところと、作中ではとろろという大きなワンちゃんが出てくるんですけど、犬としゃべるところですかね(笑)」と告白。しかし、「恥ずかしい。こんな答えですみません(笑)」と会場を和ませました。

 作品の見どころについて、「3人の男性からアプローチされますが、本当に(好意に)気付かない。恋愛に対してきっと違うと思ってしまう。見ている方は『なんで?』と思うかもしれませんが、一緒にキュンキュンを体感していただければ」と呼びかけました。

 深田さんは「今年はこのドラマからスタートなので、『初めて恋を“する”日に読む話』を…」とタイトルを間違えるミスをし、すかさず中村さんが訂正。最後は「もうやだ。新年早々すみません」と謝罪しつつ、「全力投球で頑張りたい」と結んでいました。

 連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」は1月15日放送開始。

(オトナンサー編集部)

コメント