オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

井本彩花、「仮面ライダーリバイス」出演の反響を告白 今年、二十歳「母とのお酒楽しみ」

「仮面ライダーリバイス」で仮面ライダージャンヌを好演した井本彩花さんが、出演した反響を告白。二十歳の抱負も明かしてくれました。

井本彩花さん
井本彩花さん

 2021年9月から2022年8月まで放送された特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系)で仮面ライダージャンヌ/五十嵐さくらを好演した俳優の井本彩花さん(19)が晴れ着姿でインタビューに応じました。

 井本さんは、2003年10月23日生まれ、京都府出身。2017年に行われた「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。同年放送の「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5シリーズで俳優デビュー。2020年放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」や2021年放送の「桜の塔」(テレビ朝日系)などに出演しました。

 仮面ライダーリバイスに出演し、改めて、出演した反響を聞くと、「それが……。街でなかなか声をかけてもらえないんです」と苦笑い。その理由については「多分、さくらの時と、普段の私とでは雰囲気が全然、違うんだと思います」とコメント。

 仮面ライダージャンヌのスーツアクターと食事をしていたところ、「『気付かれてるみたいだよ』って教えていただいたことがあったんです(笑)」と、ファンから声を掛けられそうになったこともあったと明かしながら、「私、鈍感なんです(笑)。今まで、そういうことに気付けていなかったのかもしれませんね」とちゃめっ気たっぷりに、語っていました。

 1年放送の仮面ライダーリバイスに出演し、「完走できたことが大きいです」と述懐しつつ「約1年半、培ったものがたくさんありました。そういうものを最大限、生かせるようこれからの俳優人生を歩んでいきたいです」と語り、晴れやかな顔も見せました。

 今年10月には二十歳を迎え、「お酒が飲めるのを楽しみにしています。母とお酒を飲みながら語り合いたいなと思っています。母はハイボールが好きなので、最初の一杯は母とハイボールを飲みたいです」と声を弾ませていました。

(オトナンサー編集部)

【写真】「仮面ライダージャンヌ」の晴れ着姿が美しい! 二十歳らしいキュートな笑顔も!

画像ギャラリー

コメント