オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 市川猿之助、骨折から復帰後初のドラマ出演! 二宮和也主演作で“外科教授”に

市川猿之助、骨折から復帰後初のドラマ出演! 二宮和也主演作で“外科教授”に

二宮和也さんが天才外科医・渡海征司郎を演じる、4月スタートのTBS日曜劇場「ブラックペアン」に市川猿之助さんが出演。市川さんは骨折からの復帰後初のドラマ出演です。

市川猿之助さん(C)TBS

 二宮和也さんが、手術成功率100%の天才外科医・渡海征司郎を演じる、4月スタートのTBS日曜劇場「ブラックペアン」(毎週日曜 後9:00)に、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが出演することが分かりました。市川さんは昨年、「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」の上演中に骨折しており、復帰後初のドラマ出演。「一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、日々、取り組んで参ります」とコメントしています。

 原作は海堂尊さんの小説「ブラックペアン1988」。「患者を生かし、医者を殺す」と評される“オペ室の悪魔”渡海が、突如導入されることになった最新医療機器「スナイプ」を巡る疑惑をきっかけに大学病院という巨大組織に立ち向かいます。「ブラックペアン」という特製のペアンに隠された過去が暴かれる医療エンターテインメントドラマです。

 猿之助さんが演じるのは、帝華大学外科教授の西崎啓介。心臓外科の分野で組織的な研究力を誇る同大は、高い技術力を誇る東城大学と日々しのぎを削っており、西崎は個人的にも、日本心臓外科学会の理事長の座を東城大学教授・佐伯清剛(内野聖陽さん)と争います。猿之助さんのコメントは次の通りです。

<市川猿之助さんコメント>

素晴らしい作品に、素敵な共演者、スタッフの皆様と共に参加させていただけますこと、とてもうれしく思っております。個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に生かせたらと思います。一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、日々、取り組んで参ります。

(オトナンサー編集部)