オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小室圭さんで話題の米ロースクール留学、ニューヨーク州弁護士はこんなにスゴい!(上)

小室圭さんの留学が話題となっていますが、米ニューヨーク州弁護士の位置付けや取得のメリットとは、どのようなものでしょうか。同州弁護士の徳永怜一さんに聞きました。

弁護士資格取得のメリットとは?
弁護士資格取得のメリットとは?

 小室圭さんが留学した米ニューヨークのフォーダム大学はイエズス会系の名門私立大学として知られています。ニューヨーク州弁護士の位置付け、取得のメリットはどのようなものでしょうか。今回は、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」の「小室さんのNY留学生活を徹底解剖」にゲスト出演した、徳永怜一さん(以下、徳永弁護士)に伺います。

 徳永弁護士は、ニューヨーク州弁護士です。略歴を紹介します。日本の大学を卒業後、単身渡米し、ルイジアナ州ニューオリンズのTulane University Law School(LLM)に留学。ニューヨークに拠点を移して法律事務所で7年間勤務し、米国の現地企業や日系企業に対する法的助言や契約書などの作成を担当しました。

 実務の傍ら、米国で日本人向けに発行されている生活情報刊行誌に定期的に記事を執筆。現在は外資系IT企業に勤務しています。

ニューヨーク州弁護士のポジショニング

「英語がネイティブではない留学生にとっては圧倒的な勉強量が要求されますが、得られるものは非常に大きいものと考えられます」

 徳永弁護士は留学のメリットについてこのように解説します。

「ロースクール留学という環境は勉強に集中できる環境です。語学留学や学部留学と異なり、英語をツールとして専門的かつ体系的に学びます。よって、法律を学ぶと同時に英語力も格段にアップするからです。また、ニューヨーク市は米国最大の都市で、世界の政治、経済、文化などに多大な影響を及ぼしています」

「つまり、ニューヨーク州弁護士の資格を取ることは、世界を相手にすることと同じです。弁護士が多い米国においても、弁護士はステータスの高い資格と位置付けられており、信用も高いと考えられています。留学することにより、米国の慣習・文化・ビジネスの感覚をつかむことができます。よって、語学と法律だけではない多角的な知識と経験を得ることができるのです」

 さらに、英語と法律を活用することで、論理的思考とアウトプット力が身につくと徳永弁護士は解説します。

「難関とされているニューヨーク州司法試験を突破することにより、自分に自信を持つことができるでしょう。ニューヨーク州弁護士資格保持者には、法曹界だけではなく、ビジネス、政治、芸術などあらゆる分野で活躍している人が多数います」

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「波風を立てない仕事のルール」(きずな出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TL:@k_bito

コメント