オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コロナで注目「おひとりさま限定」飲食店、増えた話はなぜ聞かない?

テレビなどで「おひとりさま限定」の飲食店が注目されましたが、既存の飲食店が衣替えしたという話はほとんど聞きません。なぜ、「おひとりさま限定」は増えないのでしょうか。

「おひとりさま限定」、なぜ増えない?
「おひとりさま限定」、なぜ増えない?

 新型コロナウイルスの感染拡大で注目されているのが「おひとりさま限定」の飲食店です。複数人での食事は感染リスクが高いとされるため、「来店を1人客に限定すれば感染が広がらず、通常営業できるのでは?」という考えから注目されました。ある調査でも「1人客限定であれば、飲食店は通常営業できるのではないか」という意見が4割を占め、「1人での食事は感染拡大に影響しない」と唱える専門家もいます。

 しかし、注目されてから時間が経過した現在も、既存の飲食店が「おひとりさま限定」に衣替えして営業している様子をほとんど見かけません。なぜ、「おひとりさま限定」の飲食店は増えないのでしょうか。飲食店コンサルタントの成田良爾さんに聞きました。

ターゲット変更の困難さ

Q.コロナ禍以降、既存の飲食店が「おひとりさま限定」の店に衣替えした例はどれくらいあるのでしょうか。

成田さん「コロナ禍で、どれくらいの既存の飲食店が入店を『おひとりさま限定』にしたのかという調査は私が知る限り、ありません。テレビなどマスメディアでは『コロナ禍での、おひとりさま限定の飲食店』が注目されているようですが、コロナ禍だからといって、ターゲットを『おひとりさま限定』にしたお店は、私の感覚ではほとんどないように思います」

Q.なぜ、「おひとりさま限定」の飲食店は増えないのでしょうか。

成田さん「多くの飲食店は開店する段階である程度、ターゲットを絞っており、急にターゲットを変更することが物理的にも難しいからです。例えば、居酒屋など、複数人をターゲットにしている飲食店が『コロナ禍になり、複数人で食べながら会話をすることは感染リスクが高い』という理由から、来店を1人客に限定するというのは困難です。

ターゲットを変えるためには、業務の流れや人員配置、座席の変更、メニュー設定などに至るまで多くの改修が必要となり、時間も労力もコストもかかります。また、ターゲットを変えると飲食店の雰囲気が大きく変わるため、これまでの常連客が離れる可能性もあります。リスクが非常に高く、既存の飲食店が『おひとりさま限定』にするのは難しいでしょう」

Q.既存の飲食店が「おひとりさま限定」にするのは難しいとのことですが、「おひとりさま限定」店にメリットはないのでしょうか。

成田さん「コロナ禍では『1人客限定であれば、飲食店は通常営業できるのではないか』との意見も4割あるとのことですので、多少の集客は見込めるかもしれません。もちろん、リスクの方が大きいと思われますが。

既存の飲食店が『おひとりさま限定』になることはほとんどありませんが、開店当初から、『おひとりさま限定』の飲食店はあります。こうしたお店は『1人でも気兼ねなく入店できる雰囲気がある』『利害関係のない客同士で楽しく会話ができる』などが魅力で、リピート客が付きやすく、客単価も複数人の場合より高くなる傾向があります。

また、昨今は単身世帯が増えており、農林水産省の調べでは、35歳以下の単身世帯の外食率が男性で58.1%、女性で45.9%と高水準になってきています。この層をターゲットにした飲食店がここ数年で増えてきているのは事実です」

Q.コロナ禍が長引く中、飲食店はどうなっていくのでしょうか。また、開店当初から「おひとりさま限定」の飲食店は増えていくと思われますか。

成田さん「飲食店業界はコロナ禍をきっかけに大きく変わろうとしています。複数人で食事をしたり、飲み会をしたりといった『人が集う場所づくり』を目的にした飲食店は実際に減り始めています。『飲食店の食事だけ』が目的の人は自宅で楽しめるテークアウトやデリバリーをアフターコロナでも利用するでしょうから、その流れにうまく乗った飲食店は生き残るかもしれません。

『おひとりさま限定』の飲食店は単身世帯の需要があるので、今後もある程度は増えていくと思いますが、飲食店にわざわざ出向くメリットをターゲットの客層に伝えられなければ、どのような形態の飲食店でも、今の時代は長くは続けることができないと考えます」

(オトナンサー編集部)

成田良爾(なりた・りょうじ)

飲食店経営コンサルタント

ヴィガーコーポレーション代表取締役。厚生労働省公認レストランサービス技能士(国家資格)、文部科学省後援サービス接遇検定準1級、食生活アドバイザー2級、他。飲食業界25年以上。ミシュランガイド掲載の高級レストランから個人経営の小さな大衆店まで幅広いジャンルの飲食店に携わり、その経験に基づく統計解析および枠にとらわれないアイデアで多くの赤字店を黒字化させてきた実績を持つ。「100年続く店づくり」をモットーに、次世代育成や飲食業の働き方改革などにも力を入れており、食文化普及の他、職業訓練校講師(フードビジネス科)や子育て女性就職支援事業講師なども歴任。現在も多くの飲食店経営者のサポートを手掛ける。飲食店専門のコンサルティング「オフィスヴィガー」HP(http://with-vigor.com/)。

コメント