オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

忘れ物、戸締まりを何度も確認…「強迫性障害」ってどんな病気? 心配性との違いは?

忘れ物や戸締まりの確認を何度も繰り返し、日常生活に支障が出てしまう人がいます。「強迫性障害」という病気の可能性があるそうですが、いわゆる「心配性」の人とどう違うのでしょうか。

強迫性障害とは?
強迫性障害とは?

 出掛けるときに忘れ物がないか、かばんの中を何度も確認する。自宅を出た後、鍵を閉めたかどうか不安になり、引き返して確認する…一度や二度なら、「ちょっと気にし過ぎかな」で済みそうですが、それらの行為を何度も繰り返して日常生活に支障が出ると「強迫性障害」という病気の可能性があるそうです。どのような病気なのでしょうか。また、いわゆる「心配性」「神経質」とされる人と何が違うのでしょうか。精神科専門医の田中伸一郎さんに聞きました。

「強迫思考」と「強迫行為」

Q.強迫性障害とはどのような病気で、どういう症状が出るのでしょうか。

田中さん「強迫性障害とは(1)何らかの考えやイメージにとらわれたり(2)実際に戸締まりや電気製品のスイッチオフなどを何十回も確認したり、不必要なまでに手洗いや掃除を繰り返したり、何かの言葉や数字を頭の中で何度も唱えたりする強迫症状のせいで、日常生活に大きな支障が出てしまう心の病気です。ちなみに、(1)の症状は『強迫思考』(あるいは強迫観念)、(2)の症状は『強迫行為』と呼ばれ、(1)と(2)はしばしば併存しています」

Q.強迫性障害の原因を教えてください。

田中さん「かつては、精神分析の影響があって、強迫性障害は心因性の病気であるとされてきました。しかし、近年の研究では、何らかの脳機能異常(例えば、神経伝達物質のセロトニンの機能異常、神経ネットワークの異常など)が原因ではないかと考えられています」

Q.どのくらいの数の人が発症しているのでしょうか。年齢や性別の特徴はありますか。遺伝はあり得るのでしょうか。

田中さん「100人に2~3人が発症するといわれ、比較的メジャーな心の病気の一つです。10代から20代のときに発症することが多く、かつては男性に多いとされていましたが、近年の研究では、男女で発症率に差がないか、女性に比較的多いことが分かっています。なお、遺伝性については今のところ不明です」

Q.いわゆる「心配性」「神経質」といわれる人との違いは。

田中さん「一般に、心配性な人や神経質な人が強迫性障害になりやすいと思われがちですが、必ずしもそうではありません。ちょっと心配性な人なら、外出前に戸締まりや電気製品のスイッチオフをきちんと確認しますがそれはほんの数回ですし、数分で終わりますよね。

ところが、強迫性障害の患者さんの場合、外出するまでに、回数にして数十回、時間にして1時間以上、何度も何度も確認を繰り返します。人によっては、約束の時間に遅れないために数時間も早起きして確認行為を繰り返すこともあるくらいです。このように、日常生活の中に強迫症状がかなり侵食してきているのがこの病気の特徴といってよいでしょう」

Q.戸締まりなどの確認行為や手洗い・掃除、言葉や数字の繰り返しのほかには、どんな症状があるのでしょうか。

田中さん「ほかにも、人を傷つけていないかと不安になり、傷ついた人がいないことを繰り返し確認する(加害恐怖・確認行為パターン)、縁起が悪いことを考えてしまったことに不安になり、儀式的な行動を繰り返す(思考恐怖・儀式行為パターン)、まさにぴったり感(just right feeling)にこだわって同じ言動を繰り返す(不完全恐怖・繰り返し行為パターン)などがありますが、強迫症状は患者さんによってバリエーションがあり、ここですべてを紹介しきれません」

Q.「強迫性障害かもしれない」と本人が思った場合や周囲が気付いた場合、受診の目安は。また、診療科はどこがよいのでしょうか。

田中さん「実は、強迫性障害の人は症状が出てから病院を受診するまでに数年以上が経過していることが多いです。未治療の期間が長いために、強迫症状から自分で抜けられない状態に陥ってしまうケースや、強迫症状に家族を巻き込み、家族をすっかり疲弊させてしまっているケースなど、治療開始までに病状がこじれている人が少なくありません。また、強迫性障害の患者さんの4人に1人がうつ病を併発しますし、ほかにも、アルコール依存症、摂食障害、チック障害、自閉症スペクトラム障害(ASD)など、さまざまな精神障害が併存していることが知られています。

強迫症状が悪化し、例えば、睡眠不足、または睡眠障害、不安、抑うつ、情動不安定、食行動異常などがみられたり、日常生活にも支障が出るようになったりしたら、精神科クリニックを受診しましょう。しっかりした検査と治療を受けたいのであれば、大学病院の精神科を受診するのがよいと思います。何よりも、強迫症状のせいで毎日の生活を送ることがつらい、苦しいと思うようになったら、ぜひ専門的な治療を受けてください」

Q.治療はどのように行うのですか。

田中さん「まずは患者さんから、日常生活にひどく影響している強迫症状の幾つかを教えてもらい、SSRIと呼ばれる、うつ病の患者さんにも使う薬(セロトニン機能を高める薬)の服用を始めてもらいます。もし、薬物療法を行うことに抵抗がある場合は、ノートに強迫症状の時間と回数を記録してもらい、強迫症状を実際に減らしていけるように練習する治療(セルフモニタリングと行動療法)を行います。

また、原因探しに陥らないように注意しながら、環境的なストレスを探っていくこともあります。意外にも、思い切って入院してみると強迫症状が減り、そこから治療が進展するというケースもまれではありません。そのため、環境的なストレスと強迫症状の悪化が関係している可能性も指摘されています」

Q.自己流で治すことは可能なのでしょうか。

田中さん「自己流では治せないと思います。強迫行為は『やらないと心配だから、やれば安心。でも、またやらないと心配だから…』という強迫のループが完成しているため、自分で抜け出すことがとても難しいからです。回復するためには、強迫症状に巻き込まれないで相談できる相手(医師やカウンセラー)が必要となります」

Q.セルフチェックできるリストがあれば教えてください。

田中さん「強迫症状をセルフチェックできるものとして、60の質問項目からなる『パドゥアスケール 強迫性障害質問紙』というものがあります。あくまで、診断のための参考資料に過ぎませんが、受診時にこれを医師に提出し、強迫症状について話すきっかけにすることができます」

Q.完治できるのでしょうか。それとも、一生付き合うこともあるのでしょうか。

田中さん「一般に、強迫性障害の完治は容易ではないと考えられています。しかし、薬物療法を受けながら、突然、うそのように強迫症状から解放される患者さんがいますし、諦めずに治療を続けることが大事です。精神科医にとっても、まだまだ分かっていないことが多い病気なのです」

(オトナンサー編集部)

田中伸一郎(たなか・しんいちろう)

医師(精神科専門医)・公認心理師

1974年生まれ。東京大学医学部医学科卒業。赤光会斎藤病院、東京大学医学部付属病院精神神経科、杏林大学医学部精神神経科学教室などを経て、現在は、獨協医科大学埼玉医療センターこころの診療科准教授。「誰もがこころの問題を理解し、互いに助け合うことのできる社会づくり」を目指し、精神医療の最前線で老若男女の患者を日々診療しながら、メディアを通じて正しい知識を普及すべく活動の場を広げている。

コメント