オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督、15年ぶりアニメ映画「原作がすごく巧みに…」

「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督、15年ぶりアニメ映画「原作がすごく巧みに…」

劇場版「若おかみは小学生!」で、15年ぶりにアニメ映画監督を務めた高坂希太郎監督にインタビュー。その感想や小林星蘭さんの魅力などを聞きました。

高畑希太郎監督
高畑希太郎監督

 劇場版「若おかみは小学生!」で15年ぶりにアニメ映画監督を務めた高坂希太郎監督。同作は、両親を亡くした「おっこ」こと関織子(小林星蘭さん)が祖母・峰子(龍斎春水さん)の営む旅館「春の屋」で若女将として働くことになる、児童文学シリーズの劇場用アニメ作品です。

 オトナンサー編集部では、高坂監督にインタビューを実施。15年ぶりにアニメ映画監督を務めた感想や小林さんの魅力などを聞きました。

「何でもいいから」と意見を集めた

Q.15年ぶりの監督はいかがでしたか。

高坂監督(以下、敬称略)「最初はキャラクターデザインを友達に頼まれました。原作を見せてもらって少し抵抗を感じました。彼が持って来なければ断った仕事だと思います。でも、原作を読んだらすごく巧みに描かれていて面白かったです。

その企画が眠っていて、劇場版を作ることになり、監督を任されました。原作は面白かったし、久々に監督も悪くないかなと思って引き受けました」

Q.制作現場で面白かったことはありますか。

高坂「久々の監督業で至らないこともあるので、コンテを見せて『何でもいいから言ってくれ』と意見を集められたのが面白かったです。『代替案を出せ』と言うと誰も話さなくなるので、『それはこっちが考えるから、とりあえず言ってくれ』と意見を集めました。意見が出ても、それを受け入れられない自分もいますが、それを抑えて面白くするために工夫できたことが楽しかったです」

Q.テレビシリーズは修善寺が舞台で、映画は有馬温泉が舞台ですが、舞台が違う理由は。

高坂「原作者さんが有馬温泉をモデルにしているので、モデルがあるならそれを使おうと思っていました。有馬温泉を東伊豆の方へ移植して作った温泉が舞台です。地形などは、何となく有馬温泉をイメージして作りました」

Q.水樹奈々さん演じる秋野真月の描き方で気をつけたことは。

高坂「真月について僕が強調したかったのは、おっことはまるで別の対照的な存在で、花の湯温泉を象徴する存在、派手で勉強好き、都会から来たおっこを簡単に受け入れないという存在。だんだん分かり合えるまでを一つの物語として盛り込みました」

Q.小林星蘭さんの魅力を教えてください。

高坂「声がきれいでまだまだ幼く、子どもならではの声質であることです。ターゲットが小さいお子さんなので身近に感じられる声の方がいいかなと。大人が作る声もいいですが、子どもが演じることで、よりリアルで親近感を持ってもらえるかなと思いました」

Q.お気に入りのキャラクターは。

高坂「僕は真月が好きですね。花の湯温泉を背負うのは、おっこではなく真月です。真月にとって、おっこは真月にない部分を補填(ほてん)する存在で、欠かせなくなると思いますが、実際に年間1000軒ずつ旅館がなくなっていますし、刻一刻変わる世の中に、真月はどうやって対応していくのか気になるキャラクターです」

 劇場版「若おかみは小学生!」は9月21日から全国公開。

(エンタメチーム)

コメント