オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 美意識高い女性が幽霊の“見た目”にダメ出しする漫画 「とてもいい話」「ほおが緩んだ」

美意識高い女性が幽霊の“見た目”にダメ出しする漫画 「とてもいい話」「ほおが緩んだ」

美意識の高い女性が幽霊に出会った話を描いた漫画が話題に。「呪ってやる」と女性の部屋に突然、現れた幽霊少女。女性は幽霊の存在に驚くどころか、髪型や服装にツッコミを入れ…。

美意識の高い女性が幽霊に出会った話を描いた漫画のカット=朝香のりこ(@norikokeshi440)さん提供
美意識の高い女性が幽霊に出会った話を描いた漫画のカット=朝香のりこ(@norikokeshi440)さん提供

 美意識の高い女性が幽霊に出会った話を描いた漫画が、SNS上で話題となっています。「呪ってやる」と女性の部屋に突然、現れた幽霊少女。ところが女性は幽霊の存在に驚くどころか、少女の髪型や服装にツッコミを入れ…という内容で「とてもいい話」「幽霊がかわいい」「ホラー苦手だったけど、ほおが緩んだ」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

当初はホラー漫画を描くつもりだった

 この漫画を描いたのは、朝香のりこ(ペンネーム)さんです。2015年に少女漫画雑誌「りぼん」(集英社)に作品が掲載され、漫画家デビューしました。

Q.漫画を描き始めたきっかけは。

朝香さん「6歳の時、家族がお絵描きセットと漫画をプレゼントしてくれたのがきっかけです。小学生の頃から友達と遊びで4コマ漫画を描いていましたが、次第に本気で漫画家を目指したいと思うようになりました。当時は人間が描けなくて、オリジナルの猿のキャラクターばかり描いていました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

朝香さん「ホラー漫画に憧れがあり、練習として描きました。しかし、描いていくうちに『ホラーを描く』という当初の構想からずれていきました。そこで、『どういう人の前に幽霊が現れたら一番面白いのか』を考え直して描きました」

Q.この漫画をシリーズ化する予定はありますか。

朝香さん「仕事を優先するので難しいかもしれませんが、描きたいなと思っています」

Q.ファッションには詳しいのですか。

朝香さん「ファッションには疎いですね。お店で服選びに困ったら、マネキンが着ている服をまるごと一式購入しています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

朝香さん「『怖くなくてよかった』『かわいい』といった温かいコメントを頂きました。ありがたいです」

Q.今後、取り組んでいきたいことは。

朝香さん「これまでは、男女が登場する少女漫画だけを描いてきました。この漫画をきっかけに、女の子同士がやり取りをする漫画も描きたいと思い始めました。短編や長編など、さまざまな漫画を描けるようになりたいです」

(報道チーム)

1 2