オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

労働審判の記事一覧

  • 解雇無効ならば「月収の0.84倍×勤続年数」? 導入検討される「金銭解決制度」とは

    2016.06.27

    解雇が無効とされた場合、会社がその人に支払うべきお金は「月収の0.84倍×勤続年数」。欧州などで確立しているという、「金銭解決制度」について話し合う国の有識者検討会で先日、こんな分析結果が示されました。果たしてこの金額、大きいのでしょうか、小さいのでしょうか。そして、この金銭解決制度は日本に根付くのでしょうか。