オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 特別企画
  • 〈PR〉別れた後もダラダラと関係を続けてしまう…だらしない関係を終わらせた方法とは?

〈PR〉別れた後もダラダラと関係を続けてしまう…だらしない関係を終わらせた方法とは?

さまざまな恋愛を成就させるメール占い「鑑定団」をご存じですか?
何やらすごい確率で両思いになれるそうなんです。その真相を、実際にやってみた人に聞いてみました!

 別れた後もダラダラ…それでも復縁できました!(32歳・東京都)

当時、私はかなりの恋愛依存症でした。常に彼のことで頭がいっぱいで、メールや電話、デートの回数も頻繁でした。
初めは彼も私に合わせてくれていましたが、結局、交際半年ほどがたった頃に、「少し距離を置きたい」と振られました。

どうしても彼と別れることを受け入れられず、何かと理由を付けては彼と会い、いつの間にか、流れで体を重ねるような、いわゆるセフレの関係になっていました。
それでも私は「しっかりと付き合いたい」という気持ちを伝え続けていましたが、何かと話をそらして、またエッチだけして別れるという日々が続きました。

若干、諦めも入り、彼と一緒にいられるならセフレでもいいかな、と思っていました。しかし、「鑑定団」がそんな私を救ってくれたのです。
先生のアドバイスはいつも的確で、ネガティブな私の性格を変えてくれました。そして、いつしか「彼がいなくても幸せだ」と思えるくらい、心にゆとりが生まれました。
逆に、彼から復縁の申し出があったのは、ちょうどその頃でした。一度は絶望の淵に立たされましたが、「鑑定団」を利用して幸せになれて、本当に良かったです。

「泥沼」という2文字がピッタリの、先の見えない2年間。(31歳・横浜市)

恋愛ベタな私が30代を目前にしてハマってしまったのが、職場の妻子がいる上司との「不倫」でした。
20代の頃、恋愛に不遇だった私の胸にポッカリと空いた寂しさを埋めるかのように、彼に夢中になってしまいました。
ふと気づくと、31歳の誕生日を迎えていました。

結婚しないで月日を重ねる私に、心配する両親や友人。ですが、「不倫」という普通ではない現状を相談することができませんでした。
ダメだとは頭で分かっていても、「ふたりの温かさ」を知ってしまった私には、また「ひとりの寂しさ」は怖くて、たまらなかったのです。
そんな私を励まそうと、親友が開いてくれた誕生日会。恋愛の悩みだと察していた友人からさまざまなアドバイスをもらいました。
その中で、私の心に響いたのが、メール占い「鑑定団」という存在でした。
 
思い切って相談した私の長々とした話から、誰にも打ち明けられなかった私の胸中を読み取ってくれ、心がほぐれていく感覚を味わいました。
「3カ月後にあなたの波動の色と動きが大きく変わるから、今は彼のことを信じてあげて」というアドバイスを信じることにしました。
そうしていくうちに、いつしか「怖さ」を克服し、私の望む未来をつかみ取ろうとする「希望」が湧いてきたのです。
「不倫」をネガティブに捉えず、出会い方やあり方はどうであれ、彼との恋愛を日々明るく楽しもうという「覚悟」ができました。
そんなある日、上司が離婚を決断し、私にプロポーズをしてきました。私の恋が実った瞬間でした。
今は、式をいつにしようか相談しつつ、二人の幸せな日々が続いています。

鑑定団」は、女性には必見のようですよ。
今なら初回鑑定も無料なので、みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか?
どん底な状況でも幸せに導く「鑑定団