オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

もうすぐ格闘技シーズン プロボクサーや総合格闘家、強い打撃になぜ耐えられる?

プロボクサーや総合格闘家が相手から強い打撃を受けても、簡単に倒れないのはなぜなのでしょうか。専門家に聞きました。

格闘家が打たれ強いのはなぜ?
格闘家が打たれ強いのはなぜ?

 今年も残すところ約2カ月となりましたが、毎年年末になると、ボクシングや総合格闘技の試合が盛んに行われます。今から心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。ところで、プロボクサーや総合格闘家が試合中、相手から強い打撃を受けても闘い続けることができることに疑問を感じる人もいると思います。

 プロの格闘家が打たれ強いのはなぜなのでしょうか。女性専用のパーソナルジムを運営するアウトライン(横浜市西区)代表で、総合格闘技の修斗(しゅうと)で東日本2位の実績もある小林広和さんに聞きました。

筋力があるのは当然だが…

Q.プロボクサーや総合格闘家は試合中に相手から強い打撃を受けても、簡単には倒れないことが多いです。プロの格闘家が打たれ強いのはなぜなのでしょうか。

小林さん「結論からいえば、プロの格闘家が打たれ強いのは単に強靭(きょうじん)な肉体を持っているからではありません。試合中に何の対策もせず、相手の攻撃を受け続けていると体が耐えられませんし、大けがをします。ではなぜ、彼らが打たれ強いかというと、筋力が強いのはもちろんですが、相手から殴られたり投げられたりしたとき、負荷がかかる部位の筋肉に瞬時に力を入れているからです。そうすることで、筋肉がクッションのような役割を果たすので、体への衝撃が半減します。

例えば、顔を殴られたときに負荷がかかるのは耳の後ろから鎖骨の内側にかけて広がる太い筋肉『胸鎖乳突筋』や、首から肩、背中にかけて広がる『僧帽筋』であり、殴られた際、それらの筋肉に瞬時に力を入れることで衝撃を吸収し、ダメージを軽減することができます。また、胸鎖乳突筋や僧帽筋が発達すれば、脳への振動が軽減されるので、『打たれ強い』という状態になります。そのため、ボクサーは試合中に顎を引き、常に首に力を入れているのです。

このほか、格闘家が腹部を殴られた際は、おなかの正面に広がる筋肉『腹直筋』と、おなかの側面に広がる『腹斜筋』を瞬時に固めて、ダメージを軽減させます。つまり、日々の激しい鍛錬で手に入れた筋力や、殴られた際にその部位を瞬時に固める技術が打たれ強さに直結しています。なお、殴られるうちに痛みへの慣れが生じることも打たれ強さに若干影響してきます」

Q.プロの格闘家は普段、どのような練習をすることが多いのでしょうか。

小林さん「格闘家によって異なりますが、基本的にミット打ちやスパーリングといった日々の練習で体を鍛えて、実戦で使える筋力と体力、技術を養います」

Q.結局、プロの格闘家は打たれ強い人が多いのでしょうか。それとも、相手の攻撃をうまく避ける力に優れている人が多いのでしょうか。

小林さん「両方優れていると思います。特にトップレベルの格闘家は先述のように、打撃を受けた瞬間、衝撃を逃がす技術に優れています」

Q.試合中に殴られるなどして生じた打撲は、完治までにどの程度かかるのでしょうか。

小林さん「症状によって異なるので一概にはいえません。試合中は打撲によって、筋肉の損傷や内出血などが生じるケースが多いですが、症状が軽ければ、2~3週間で完治します。ただし、それらの症状が悪化した場合、完治までに3週間よりも長い期間がかかることもあります」

Q.サッカーやラグビーなど、他のスポーツの選手に比べると、プロの格闘家が大けがをするケースは意外に少ないように感じます。なぜなのでしょうか。

小林さん「単純に競技人口が少ないから、そう見えるだけだと思います。ボクシングなどの打撃系の格闘技は打撲や裂傷が多いので、比較的すぐに完治する傾向にありますが、総合格闘技やレスリング、柔道などの組み技がある格闘技では、練習時や試合時に相手と組み合う機会が多いので、靭帯(じんたい)損傷やヘルニア、脱臼、肉離れなどの大けがが増えます」

(オトナンサー編集部)

小林広和(こばやし・ひろかず)

女性専用パーソナルジム「OUTLINE(アウトライン)」代表

2010年、パーソナルトレーナーとしての活動を開始し、2014年、NSCA認定パーソナルトレーナーの資格を取得。2015年、パーソナルジムを運営する東証マザーズ上場企業の統括マネジャーとして、8店舗の立ち上げを担当する。2018年、女性専用パーソナルジム「OUTLINE(アウトライン)」を開業し、その後、全国26店舗に展開(2021年11月時点)。公式ホームページ(https://www.outline-gym.com/)、ダイエットに特化したYouTubeチャンネル「アウトラインジム」(https://www.youtube.com/channel/UCTCBxm9Jac-fKq6uDQah6lA?app=desktop)。

コメント